遠藤 周作 沈黙 書評

遠藤 周作 沈黙 書評

遠藤 周作 沈黙 書評



この『沈黙』は、だれもが言ったことがあるだろう「神様、助けて」という祈りがなぜ「聞き届けられないか」について、遠藤周作が本気で考え昇華しきった作品です。

遠藤 周作『沈黙』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。

遠藤文学の頂点『沈黙』が生まれた舞台 初夏のとある夕暮、遠藤周作は、初めて訪れた長崎の街を格別どこに行くあてもなく、歩いていた。 大浦天主堂前の人混みを避け、ぶらぶらするうちに、十六番館という木造の西洋館に行き着く。

『沈黙』(ちんもく)は、遠藤周作が17世紀の日本の史実・歴史文書に基づいて創作した歴史小説。1966年に書き下ろされ、新潮社から出版された。江戸時代初期のキリシタン弾圧の渦中に置かれたポルトガル人の司祭を通じて、神と信仰の意義を命題に描いた。第2回谷崎潤一郎賞受賞作。この小説で遠藤が到達した「弱者の神」「同伴者イエス」という考えは、その後の『死海のほとり』『侍』『深い河』といった小説で繰り返し描かれる主題となった。世界中で13か国語に翻訳され、グレアム・グリーン

『沈黙 (1966年)』(遠藤周作) のみんなのレビュー・感想ページです(11レビュー)。

【書評】沈黙(遠藤周作) 島原の乱後、キリシタン禁制の日本に潜入した司祭ロドリゴを描いた小説、「沈黙」。 隠れてキリスト教を信仰する日本人たちを救おうと、ポルトガルからはるばる日本にやって …

 · 『沈黙』遠藤 周作 新潮文庫 1981年10月15日発行 沈黙 (新潮文庫) 島原の乱が鎮圧されて間もないころ、キリシタン禁制のあくまで厳しい日本に潜入したポルトガル司祭ロドリゴは、日本人信徒たちに加えられる残忍な拷問と悲惨な殉教のうめき声に接して苦悩し、ついに背教の淵に立たされる

 · 遠藤周作の小説『沈黙』のあらすじと感想。後半ネタバレあり。立場の異なる人との超えがたい壁、キリスト教徒はなぜ神を必要とするのか、人生で大切なことはなにかという3点についての感想をまとめました。

『沈黙』研究の新たなする。公会議と『深い河』の関係についての論考はあっても、『沈黙』している。公会議との相違点として、他者との対話の不成立も指摘 「遠藤周作作品と語り手 一方で勢い故の飛躍も感じられた。例えば本書の核となる一本、

沈黙 又吉直樹さんの新書「夜を乗り越える」の中で遠藤周作の小説「沈黙」が紹介されていた。又吉さんの実家はキリスト教徒らしくてこの本もキリスト教について書かれた本らしかった。失礼だけど信者じゃない自分からしたらキリスト教(というか宗教全般)って胡散臭くて近寄りがたい ...

遠藤 周作 沈黙 書評 ⭐ LINK ✅ 遠藤 周作 沈黙 書評

Read more about 遠藤 周作 沈黙 書評.

6
7
8
9
10

Comments:
Guest
Make tomorrow another day and not today's sequel.
Guest

Last year I made a list of things that I resolved to do--I'll use that list again this year--it's still as good as new.

Guest
Success has a simple formula--do your best, and people may like it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu