遠藤 周作 リヨン

遠藤 周作 リヨン

遠藤 周作 リヨン



遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 - 1996年(平成8年)9月29日)は、日本の小説家。随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。

 · 小説『白い人』で芥川賞を受賞し、吉行淳之介や安岡章太郎などとともに「第三の新人」として日本の現代文学をリードしてきた遠藤周作(1923―1996年)。『沈黙』、『深い河』などのキリスト教や「東洋と西洋」をモチーフにした代表作が世界各国で支持されているが、「狐狸庵先生」という ...

後年、国費留学生としてリヨンに滞在した遠藤周作は、中世に逆戻りしたような錯覚に陥る15~17世紀の古色蒼然たる家並みの続く旧市街をテーマにしている。3年前(1993年)には彼の最新作「深い河」で再び川の流れる町リヨンを舞台に物語を展開している。

 · 東洋語言語文化学院の図書館で翻訳原稿の読み合わせをしていると、フランス人の相棒がおもむろに机上の『スタンダード和仏辞典』の青い表紙をひらいて言った。「この辞書は遠藤周作の匂いがする」と。彼と結びつきの深いフランス人が2人ほど編纂メンバーに名前をつらねているのだ ...

二十一世紀に贈る国民作家遠藤周作の貴重な遺産。「永井荷風」から、「弱者の救い」「一枚の踏絵から」「異邦人の苦悩」を経て、晩年の「老いて、思うこと」まで。後期の評論・エッセイ九十三篇。

 · 著者「遠藤周作」のおすすめランキングです。遠藤周作のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:一九二三年東京生まれ。慶応大学仏文科卒業。リヨン大学に留学。一…

作家・遠藤周作の魅力は「生きる勇気が湧いてくる」物語にあります。時代に翻弄(ほんろう)される人間を主人公に、いつも一番弱い者の立場から人間のリアルを描きます。人間は何を求め、何につまづき、何に祈るのか。そう問い続けた作品を読んで、前に進む勇気をもらいましょう!

遠藤周作氏の【白い人】の舞台であるフランスのリヨンの画像も入れておきます。 リヨンを流れるローヌ川です。 クロア・ルッスの丘から見たソーヌ川です。 遠藤周作氏の『沈黙の声』の「日本と西洋との距離」からの引用です。

遠藤周作は,カトリック信徒でしたので,今日お話 しさせていただく宗教とは,遠藤周作が拠って立つキリスト教的基盤です。 その基盤について,私が感情移入的に解釈理解することで,宗教者として の遠藤を提示することを目的とします【1】。

遠藤 周作 リヨン ⭐ LINK ✅ 遠藤 周作 リヨン

Read more about 遠藤 周作 リヨン.

2
3
4
5
6
7

Comments:
Guest
People who look for the easy way out seem to have trouble finding an exit.
Guest

You can't raise much of anything if you don't raise a little sweat.

Guest
If you don't know where you are going, any road will get you there.
Calendar
MoTuWeThFrStSu