遠藤 周作 リヨン

遠藤 周作 リヨン

遠藤 周作 リヨン



小説『白い人』で芥川賞を受賞し、吉行淳之介や安岡章太郎などとともに「第三の新人」として日本の現代文学をリードしてきた遠藤周作(1923―1996年)。『沈黙』、『深い河』などのキリスト教や「東洋と西洋」をモチーフにした代表作が世界各国で支持されているが、「狐狸庵先生」という ...

遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 - 1996年(平成8年)9月29日)は、日本の小説家。随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。

遠藤周作著、エッセイ集『冬の優しさ』(新潮文庫、1982年):「帰国まで 我が青春のリヨン」などを含む Tanhony著、scp-4861 「2030年11月12日」 作成日(EN): 2020/01/08

後年、国費留学生としてリヨンに滞在した遠藤周作は、中世に逆戻りしたような錯覚に陥る15~17世紀の古色蒼然たる家並みの続く旧市街をテーマにしている。3年前(1993年)には彼の最新作「深い河」で再び川の流れる町リヨンを舞台に物語を展開している。

遠藤の住んだ、リヨン市2区、フランクラン街45番地。 少年時代は落ちこぼれの不良青年だった遠藤周作。 寮の仲間や同級生たちを相手に持ち前のユーモアといたずら心を発揮している。

 · 著者「遠藤周作」のおすすめランキングです。遠藤周作のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:一九二三年東京生まれ。慶応大学仏文科卒業。リヨン大学に留学。一…

遠藤 周作 リヨン ⭐ LINK ✅ 遠藤 周作 リヨン

Read more about 遠藤 周作 リヨン.

6
7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Children who could be seen and not heard have been replaced by those who can be heard even when they're out of sight.
Guest

Nostalgia: Life in the past lane

Guest
An optimist is a person who sticks on the stamp before addressing the envelope.
Calendar
MoTuWeThFrStSu