谷崎_潤一郎

谷崎_潤一郎

谷崎_潤一郎



谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

初期は

初期は

谷崎 潤一郎: 作家名読み: たにざき じゅんいちろう: ローマ字表記: Tanizaki, Jun'ichiro: 生年: 1886-07-24: 没年: 1965-07-30: 人物について: 「谷崎潤一郎」 [

美術人名辞典 - 谷崎潤一郎の用語解説 - 小説家。東京生。一高、東大に進み、小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊。『象』『刺青』等の作品で永井荷風に認められ、文壇に登る。震災後関西に移住、『卍』『春琴抄』等谷崎文学の頂点ともいえる作品を著す。

Amazon Advertising 商品の露出でお客様の関心と 反応を引き出す: Audible(オーディブル) 本は、聴こう。 最初の1冊は無料: アマゾン ウェブ サービス(AWS) クラウドコンピューティング サービス Amazonアウトレット 訳あり商品を お手頃価格で販売: Prime Now 好きな時間が選べる。

谷崎潤一郎のプロフィール:(1886-1965)東京・日本橋生れ。東大国文科中退。在学中より創作を始め、同人雑誌「新思潮」(第二次)を創刊。同誌に発表した「刺青」などの作品が高く評価され作家に。当初は西欧的なスタイルを好んだが、関東大震災を機に関

谷崎潤一郎賞(たにざきじゅんいちろうしょう)は、中央公論社が1965年の創業80周年を機に、作家谷崎潤一郎にちなんで設けた文学賞である。中央公論新人賞(1956年開始)を発展解消させる形で開始された(なお、中央公論新人賞は1975年に復活し20年間続いた)。

谷崎潤一郎は、その乱脈な女性関係を糧に、多くの作品を書き続け、とうとう女神様と崇める根津松子との後半生を送ることになります。 谷崎潤一郎生誕130年!今漫画で甦る耽美と官能の世界. 谷崎潤一郎生誕130年だった2016年。

the 陰翳礼讃 ~谷崎潤一郎が愛した美~ bs8k

華やかな日本の文化を筆にとどめた谷崎潤一郎。 彼が愛した芦屋の地に、1988年にできた谷崎潤一郎記念館は、 現在も芦屋の人々に親しまれています。 時代のうつろいとともに、ゆったりと流れる時間を この芦屋の地で過ごしてみませんか… 〒659-0052

私が 大和 ( やまと ) の吉野の 奥 ( おく ) に遊んだのは、 既 ( すで ) に二十年ほどまえ、明治の末か大正の初め 頃 ( ころ ) のことであるが、今とは 違 ( ちが ) って交通の不便なあの時代に、あんな山奥、―――近頃の言葉で 云 ( い ) えば「大和アルプス」の地方なぞへ、何し ...

谷崎_潤一郎 ⭐ LINK ✅ 谷崎_潤一郎

Read more about 谷崎_潤一郎.

8
9
10

Comments:
Guest
Love conquers all, except poverty and toothache.
Guest

Time is not an enemy unless you try to kill it.

Guest
If you don't know where you are going, any road will get you there.
Calendar
MoTuWeThFrStSu