谷崎_潤一郎

谷崎_潤一郎

谷崎_潤一郎



谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。 初期は耽美主義の一派とされ、過剰なほどの女性愛やマゾヒズムなどのスキャンダラスな文脈で語られることが少なくないが、その作風や題材、文体・表現は生涯にわたって様々に変遷した。漢語や雅語から俗語や方言までを使いこなす端麗な文章と、作品ごとにがらりと変わる巧みな語り口が特徴。『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』など、情痴や時代風俗などのテーマを扱う通俗性と、文体や形式における芸術性を高いレベルで融和させた純文学の秀作によって世評高く、「文豪」「大谷崎(おおたにざき)」と称された。その一方、今日のミステリー・サスペンスの先駆的作品、活劇的な歴史小説、口伝・説話調の幻想譚、果てはグロテスクなブラックユーモアなど、娯楽的なジャンルにおいても多く佳作を残している。

谷崎倉五郎、関の次男として

谷崎倉五郎、関の次男として

谷崎 潤一郎: 作家名読み: たにざき じゅんいちろう: ローマ字表記: Tanizaki, Jun'ichiro: 生年: 1886-07-24: 没年: 1965-07-30: 人物について: 「谷崎潤一郎」 [

谷崎潤一郎のおすすめ作品、代表作を年代順に紹介します。 刺青. 明治43年(1910年)発表。 小編。 谷崎潤一郎の処女作です。 舞台は江戸時代後期の江戸。 彫り師の清吉はいつか自分の理想とする美女に、自分の思うような刺青を彫りたいと思っていました。

「谷崎潤一郎」が携わった映画44作品を紹介。「谷崎潤一郎原案/TANIZAKI TRIBUTE「悪魔」(2018年2月24日(土)公開)」の原案。「谷崎潤一郎原案/TANIZAKI TRIBUTE「富美子の足」(2018年2月10日(土)公開)」の原案。

第一回は、谷崎潤一郎の人となりや小説執筆の背景を掘り下げながら、「痴人の愛」という小説に描かれた「エロティシズムという業」を ...

コロナ禍でソーシャルディスタンスが注意喚起される今、1人静かに楽しめる読書に目覚めた人も多いことでしょう。明治時代末期から大正、昭和中期まで終生旺盛な執筆活動を続けた作家・谷崎潤一郎。作品は今もなお人気が高く、度々映像化や舞台化もされています。

 · 谷崎潤一郎という小説家をご存知ですか? 近代日本文学を代表する作家の一人であり、今日のミステリーやサスペンスというジャンルの先駆者としても知られています。 そんな谷崎潤一郎とは、一体どんな人だったのでしょうか。 今回は、 …

谷崎潤一郎のプロフィール 谷崎潤一郎(たにざき じゅんいちろう)・1886年7月24日に生まれ、1965年7月30日に亡くなる。・日本の小説家。・明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

谷崎潤一郎の文体 (その一) 小 林 茂 大 くもそうであって、恰も谷崎文学の公定価格の観を呈している。も徹三氏その他の人々に行われており、現代の若い作家や評論家の多秀雄氏の「谷崎潤一郎論」 (昭六・四「中央公論」)をはじめ谷川佐藤春夫の「谷崎潤一郎人及び芸術」 (昭二 ...

谷崎_潤一郎 ⭐ LINK ✅ 谷崎_潤一郎

Read more about 谷崎_潤一郎.

8
9
10

Comments:
Guest
Love conquers all, except poverty and toothache.
Guest

Time is not an enemy unless you try to kill it.

Guest
If you don't know where you are going, any road will get you there.
Calendar
MoTuWeThFrStSu