谷崎 潤一郎 鍵 朗読

谷崎 潤一郎 鍵 朗読

谷崎 潤一郎 鍵 朗読



※昭和文学を 読む,※「鍵,4」,谷崎潤一郎,作,※昭和文学を 読む,※朗読新館※https://youtu.be/QZB4kOt0L8A「鍵,3」,谷崎潤一郎,作 ...

響林社(きょうりんしゃ)では、女性朗読家のwis氏による純文学を中心とした朗読シリーズ「<声を便りに>オーディオブック」シリーズと、肉声に近い自然さを追求した高性能の合成音声を使った「しみじみ朗読文庫」シリーズを販売しております。また、大きい文字で名作が読める「大活字 ...

谷崎潤一郎による性愛小説の代表作。 京都に住む大学教授の夫は、妻郁子とは長年、暗闇の中でしか関係したことがなく、その姿態を明るい灯の下でじっくり味わいたいと願っている。

 · 作:谷崎潤一郎朗読:佐藤慶初出:「中央公論」1911年(明治44年)11月号

『鍵』(かぎ)は、谷崎潤一郎の長編小説。読まれることを前提にして書かれた日記をお互い盗み読みする夫婦の愛欲の物語。 この日記形式の物語世界を読む者もまた窃視の主体となるという仕掛けの構図を持つ作品である 。 谷崎の代表作の一つで、翻訳も世界各国で行われている。

 · 作:谷崎潤一郎朗読:佐藤慶初出:「新思潮」第3号 1910年(明治43年)11月

 · 谷崎潤一郎 作平幹二朗 朗読初出 「中央公論」1931年(昭和6年)1~2月号画像は拾い物です。初視聴の方はまずお手元に岩波文庫版「吉野葛・蘆刈 ...

 · 谷崎潤一郎 作寺田農 朗読初出 「中央公論」1933年(昭和8年)6月画像はまたもや拾い物です、すみません。

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

『細雪』(ささめゆき)は、谷崎潤一郎の長編小説。1936年(昭和11年)秋から1941年(昭和16年)春までの大阪の旧家を舞台に、4姉妹の日常生活の悲喜こもごもを綴った作品 。 阪神間モダニズム時代の阪神間の生活文化を描いた作品としても知られ、全編の会話が船場言葉で書かれている。

谷崎 潤一郎 鍵 朗読 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 鍵 朗読

Read more about 谷崎 潤一郎 鍵 朗読.

4
5
6
7
8
9

Comments:
Guest
Lost time is never found again.
Guest

There is one art of which man should be master--the art of reflection.

Guest
Happiness is a way station between too much and too little.
Calendar
MoTuWeThFrStSu