谷崎 潤一郎 有名

谷崎 潤一郎 有名

谷崎 潤一郎 有名



谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

初期は

初期は

谷崎潤一郎のおすすめ作品、代表作を年代順に紹介します。 刺青. 明治43年(1910年)発表。 小編。 谷崎潤一郎の処女作です。 舞台は江戸時代後期の江戸。 彫り師の清吉はいつか自分の理想とする美女に、自分の思うような刺青を彫りたいと思っていました。

谷崎潤一郎の世界. 谷崎潤一郎は1886年生まれ、1965年没の日本を代表する小説家です。年号にして明治、大正、昭和をまたにかけ常に第一線で活躍しました。 その文章の美しさと、作品の芸術性において国内外で高い評価を受けています。

谷崎 潤一郎: 作家名読み: たにざき じゅんいちろう: ローマ字表記: Tanizaki, Jun'ichiro: 生年: 1886-07-24: 没年: 1965-07-30: 人物について: 「谷崎潤一郎」 [

 · 谷崎潤一郎の 晩年に執筆された作品 であり、発表当時は、社会的なスキャンダルになったことでも有名です。 登場人物は、初老の大学教授と、その妻、娘、そして、教授自身が娘の縁談相手として連れてきた大学生の青年。

谷崎潤一郎は明治19年(1886)、東京生まれの日本の小説家です。『痴人の愛』『春琴抄』『陰翳礼讃』『細雪』などの小説の作者として知られています。作品の根底にはエロティシズムがあり、後年は日本的な美学を追究するようになりました。昭和24年(1949)に第8回文化勲章、1958年度など数 ...

谷崎 潤一郎 有名 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 有名

Read more about 谷崎 潤一郎 有名.

4
5
6

Comments:
Guest
Happiness is nothing more than health and a poor memory.
Guest

Doing you best is more important than being the best.

Guest
Gossip: letting the chat out of the bag.
Calendar
MoTuWeThFrStSu