谷崎 潤一郎 少年 初出

谷崎 潤一郎 少年 初出

谷崎 潤一郎 少年 初出



底本:「潤一郎ラビリンス ――初期短編集」中公文庫、中央公論社 1998(平成10)年5月18日初版発行 底本の親本:「谷崎潤一郎全集 第一巻」中央公論社 1981(昭和56)年5月25日 初出:「スバル」 1911(明治44)年6月号

少年: 作品名読み: しょうねん: 著者名: 谷崎 潤一郎 [ファイルのダウンロード|いますぐxhtml版で読む] 作品データ. 分類: ndc 913: 初出: ...

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

今回は、谷崎潤一郎『少年』のあらすじ・内容解説・感想をご紹介しました。 純粋無垢な少年たちの奇行が目立ち、何やら「普通ではない」空気が徐々に立ち込めいてく様子が鮮やかに描かれています。青空文庫にあるので、ぜひ読んでみて下さい!

えあ草紙で読む青空文庫(無料) 著者:谷崎 潤一郎 作品名:少年 底本:「潤一郎ラビリンスⅠ――初期短編集」 中公文庫、中央公論社 1998(平成10)年5月18日 初出:「スバル」1911(明治44)年6月号 文字遣い:新字新仮名

谷崎 潤一郎『少年 (Kindle)』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約18件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

谷崎潤一郎「少年」の世界 小関 和弘 和光大学人文学部紀要 (20), p77-88, 1985

初めに 『少年』は谷崎潤一郎が明治44年(1911年)発表した、珠玉の小編。 谷崎潤一郎も自信作だったという傑作です。 少年たちのマゾヒズムと官能への目覚めを書いた作品です。 かなり衝撃的な作品ではありますが、それだけで ...

谷崎潤一郎「少年」、『刺青・秘密』、新潮社、2011年。 「少年」は、 30 歳くらいになった主人公栄ちゃんが子供時代の特異な思い出を語る短篇だ。

『秘密』(ひみつ)は、谷崎潤一郎の短編小説。普通の刺戟に飽いてしまった男が美しく女装して町に繰り出したり、再会した昔の女の秘密の住居に目隠しをしたままで赴いたりする物語。. 1911年(明治44年)11月、『中央公論』に掲載された 。 初収録は同年12月に籾山書店より刊行の『刺青』

谷崎 潤一郎 少年 初出 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 少年 初出

Read more about 谷崎 潤一郎 少年 初出.

4
5
6
7

Comments:
Guest
Forget the troubles that passed away, but remember the blessings that come each day.
Guest

Some people treat their religion like a spare tire--they never use it except in an emergency.

Guest
The most difficult part of getting to the top of the ladder is getting through the crowd at the bottom.
Calendar
MoTuWeThFrStSu