谷崎 潤一郎 少年 初出

谷崎 潤一郎 少年 初出

谷崎 潤一郎 少年 初出



底本:「潤一郎ラビリンス ――初期短編集」中公文庫、中央公論社 1998(平成10)年5月18日初版発行 底本の親本:「谷崎潤一郎全集 第一巻」中央公論社 1981(昭和56)年5月25日 初出:「スバル」 1911(明治44)年6月号

少年: 作品名読み: しょうねん: 著者名: 谷崎 潤一郎 [ファイルのダウンロード|いますぐxhtml版で読む] 作品データ. 分類: ndc 913: 初出: ...

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

初めに 『少年』は谷崎潤一郎が明治44年(1911年)発表した、珠玉の小編。 谷崎潤一郎も自信作だったという傑作です。 少年たちのマゾヒズムと官能への目覚めを書いた作品です。 かなり衝撃的な作品ではありますが、それだけで ...

原作の「少年」は『潤一郎ラビリンスⅠ ――初期短篇集』や『谷崎潤一郎全集 第一巻』に収録されています。 また、無意識に性に目覚めていく少年期を豊潤な筆致で描く谷崎潤一郎の作品は下記の書籍でお楽しみいただけます。

谷崎潤一郎「少年」の世界 小関 和弘 和光大学人文学部紀要 (20), p77-88, 1985

谷崎 潤一郎『少年 (Kindle)』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約18件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

えあ草紙で読む青空文庫(無料) 著者:谷崎 潤一郎 作品名:少年 底本:「潤一郎ラビリンスⅠ――初期短編集」 中公文庫、中央公論社 1998(平成10)年5月18日 初出:「スバル」1911(明治44)年6月号 文字遣い:新字新仮名

参考文献. 谷崎潤一郎 『春琴抄』(改版) 新潮文庫、1987年12月。 isbn 978-4-10-100504-1。 初版1951年1月 笠原伸夫編 『新潮日本文学アルバム7 谷崎潤一郎』 新潮社、1985年1月。 isbn 978-4-10-620607-8。 『文藝別冊 谷崎潤一郎――没後五十年、文学の奇蹟』 河出書房新社〈kawade夢ムック〉、2015年2月。

「彷徨」「少年 ... 谷崎作品には、初出時と単行本とで、本文に異同の見られる場合がある。 ... 永栄啓伸『谷崎潤一郎 資料と動向』教育出版センター、1984[年譜] 『シンポジウム日本文学16 谷崎潤一郎』学生社、1976 ...

谷崎 潤一郎 少年 初出 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 少年 初出

Read more about 谷崎 潤一郎 少年 初出.

3
4
5

Comments:
Guest
A handful of patience is worth more than a bushel of brains.
Guest

Out of the mouths of babes come things parents never should have said.

Guest
It is better to know some of the questions and all the answers.
Calendar
MoTuWeThFrStSu