谷崎 潤一郎 小説

谷崎 潤一郎 小説

谷崎 潤一郎 小説



谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。 初期は耽美主義の一派とされ、過剰なほどの女性愛やマゾヒズムなどのスキャンダラスな文脈で語られることが少なくないが、その作風や題材、文体・表現は生涯にわたって様々に変遷した。漢語や雅語から俗語や方言までを使いこなす端麗な文章と、作品ごとにがらりと変わる巧みな語り口が特徴。『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』など、情痴や時代風俗などのテーマを扱う通俗性と、文体や形式における芸術性を高いレベルで融和させた純文学の秀作によって世評高く、「文豪」「大谷崎(おおたにざき)」と称された。その一方、今日のミステリー・サスペンスの先駆的作品、活劇的な歴史小説、口伝・説話調の幻想譚、果てはグロテスクなブラックユーモアなど、娯楽的なジャンルにおいても多く佳作を残している。

谷崎倉五郎、関の次男として

谷崎倉五郎、関の次男として

 · 著者「谷崎潤一郎」のおすすめランキングです。谷崎潤一郎のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:1886年東京生まれ。東京帝国大学国文科中退。1910年、…

 · 谷崎潤一郎の世界. 谷崎潤一郎は1886年生まれ、1965年没の日本を代表する小説家です。年号にして明治、大正、昭和をまたにかけ常に第一線で活躍しました。 その文章の美しさと、作品の芸術性において国内外で高い評価を受けています。

谷崎 潤一郎: 作家名読み: たにざき じゅんいちろう: ローマ字表記: Tanizaki, Jun'ichiro: 生年: 1886-07-24: 没年: 1965-07-30: 人物について: 「谷崎潤一郎」 [

『痴人の愛』(ちじんのあい)は、谷崎潤一郎の長編小説。カフェーの女給から見出した15歳のナオミを育て、いずれは自分の妻にしようと思った真面目な男が、次第に少女にとりつかれ破滅するまでを描く物語。小悪魔的な女の奔放な行動を描いた代表作で、「ナオミズム」という言葉を生み出した 。ナオミのモデルは、当時谷崎の妻であった千代の妹・小林せい子である 。谷崎は連載再開の断り書きで、この小説を「私小説」と呼んでいる 。

谷崎潤一郎が描いたミステリー小説を読みました。 紹介されていたのは「途上」。 その作品が収録されていたのが、 「谷崎潤一郎犯罪小説集」です。 谷崎潤一郎といえば、大正、昭和初期に当時では ショッキングな退廃的な小説描いて注目!

谷崎は、築地精養軒の経営者の家に家庭教師として住み込み、学校に通うこととなった。 この辺の事情は谷崎の小説「神童」に詳しい。 1908年(明治41年)東京帝国大学文科大学国文科に入学。

ホーム > 各賞紹介 > 谷崎潤一郎賞 創業80周年を記念して、1965年に「谷崎潤一郎賞」が創設されました。 明治・大正・昭和を通じて、幅広いジャンルで活躍した谷崎の業績にちなみ、時代を代表する優れた小説・戯曲を顕彰します。

 · 谷崎 潤一郎 出版日 2010-09-17. この『幇間』は主人公がマゾヒズムという性癖に目覚める濃い内容の作品ですが、小説の冒頭部分は谷崎の自然主義文学ともいえる、ありのままの下町の風景描写から始まります。

谷崎潤一郎 探偵小説. ABOUT ME. yuka. 本が大好きな女子大生です。 図書館にこもって貪るように絵本を読んだ幼稚園児時代、学校の図書室の本を全制覇することを目標にした小学生時代を過ごし、立派な本の虫になりました。

谷崎 潤一郎 小説 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 小説

Read more about 谷崎 潤一郎 小説.

2
3
4
5

Comments:
Guest
Gentleness and kind persuasion win where force and bluster fail.
Guest

If God shuts one door, He opens another.

Guest
When high school kids wear rags today, we call it self-expression--When I was young and dressed this way, we called it the Depression.
Calendar
MoTuWeThFrStSu