谷崎 潤一郎 中国

谷崎 潤一郎 中国

谷崎 潤一郎 中国



分析と実証――谷崎潤一郎の中国への眼差し 耽美派の旗手谷崎潤一郎は、生涯唯一の外遊として、大正期に二度ほど中国を訪れたことがある。 大正七年(一九一八)の一回目の大陸漫遊と相前後して、彼はいわゆる「支那趣味」の小説や随筆類を精力的に ...

Zen Cart [日本語版] : 谷崎潤一郎 中国体験と物語の力 [978-4-585-22666-6] - 中国を旅した谷崎潤一郎は、そこで何を見たのか、どんな影響を受けたのか、そしてそれをどのような物語として表現したのか。体験と表象の両面から、中国、上海と創作の関わりを考察。

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

ほかに谷崎の中国観を変える要素があったのか。これは谷崎の「支那趣味」に何か影響を与え たのか。以下本稿では、谷崎潤一郎二回の中国旅行中の出来事、 その関連作品、回想文、および回漢などの谷崎関係の中 国語の資料に焦点を当てて考察してみ ...

谷崎潤一郎の中国に対する姿勢の特徴 耽美主義の谷崎潤一郎が、中国に2回も旅している。 資料によると、1回目は1918年、谷崎32才、文壇にその才を認められていた。「徳富蘇峰氏を始め、色々の人の紀行文や談話に依って、寒山寺は詰まらないところだと云うことを度々聞かされて居たけれど ...

 · 谷崎潤一郎が、二度目の上海への旅を書いた『上海交遊記』を、3日間で辿ろうと、師走のある日、上海に出かけた。 1926年(大正15年)1月13日、谷崎は、日本郵船「長崎丸」で、長崎を出航し、翌14日午後、上海の日本郵船「匯山碼頭」に到着している。

今回は「谷崎潤一郎の上海を歩く」です。谷崎潤一郎は大正7年と大正15年(昭和元年)の二回上海を訪ねています。二回目の訪問である大正15年1月13日の長崎出発から2月19日の神戸着までを追ってみました。 因みに(-1-)は大正7年の上海を予定しています

谷崎潤一郎は、1918(大正7)年と1926(大正15)年に中国を訪れた。特に第1回の中国旅行の後、「支那趣味」 と呼ばれる異国情緒あふれる作品を多数発表している。異国情緒といれば聞こえは良いが、要するに植民地主義的な臭いがぷんぷんする作品群である。

中国の音楽のことは何もわからないg伯爵ですが、その音色に耳を傾けていると、さまざまな中華料理のイメージが沸き起こります。 ... 谷崎潤一郎のその他の作品について ...

谷崎潤一郎のおすすめ作品 代表作 年代別リスト. 谷崎潤一郎は明治19年(1886年)生まれ、昭和40年(1965年)没。 二十代半ばの明治43年(1910年)年から小説を発表し、昭和49年(1965年)で亡くなる79歳まで、50年以上に渡って創作活動を続けました。

谷崎 潤一郎 中国 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 中国

Read more about 谷崎 潤一郎 中国.

7
8
9

Comments:
Guest
There is no great success without great commitment.
Guest

Drivers' licenses do not revoke walking privileges.

Guest
It's pretty hard to beat a neighbor who's as generous with his tomatoes as with his zucchini.
Calendar
MoTuWeThFrStSu