補陀落渡海記 井上靖

補陀落渡海記 井上靖

補陀落渡海記 井上靖



Amazon.co.jp: 補陀落渡海記 井上靖短篇名作集 (講談社文芸文庫) eBook: 井上靖: Kindleストア

Amazonで井上 靖, 曾根 博義の補陀落渡海記 井上靖短篇名作集 (講談社文芸文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。井上 靖, 曾根 博義作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また補陀落渡海記 井上靖短篇名作集 (講談社文芸文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

井上靖著「捕陀落(ふだらく)渡海記」を読了しました。 この小説は《捕陀落渡海》という荒行に翻弄された僧侶の物語です。 どんな短編かの前にまず、この本を読んだ経緯からお話したいと思います。 私は和歌山については、那智の滝とみかんくらいしか知りませんでした。

先の記事で宣言した通り?井上靖の小説『補陀落渡海記』読みました。 とても短い短編でしたが、とても考えさせられる奥の深い作品でした。 この作品のポイントはスバリ!「自己認識」と「他者認識」との乖離だと思いました。 そう言っても「はあ?

補陀落渡海について 井上靖短篇名作集 講談社文芸文庫 [内容] 熊野補陀落寺の代々の住職には、61歳の11月に観音浄土をめざし生きながら海に出て往生を願う渡海上人の慣わしがあった。

井上靖の短編集の表題作「補陀落渡海記」。 熊野の補陀落寺(補陀洛山寺)の代々の住職には、61歳の11月に補陀落渡海を行なう慣わしがあった。 住職の金光坊は、まだ渡海する気になれないのに周囲の人々からのプレッシャーで渡海せざるをえなくなり ...

補陀落渡海(ふだらくとかい)は、日本の中世において行われた、自発的な捨身を行って民衆を先導する捨身行の形態である。

 · 井上靖(1907年~1991年)の「補陀落渡海記」は、この話を題材にしています。 もう一つ蛇足です。「補陀落渡海」とは直接関係がありませんが、松本清張(1909年~1992年)に「隠花平原」という推理小説があります。

その顔を見ながら、ふと、井上靖の短編に、南方浄土の補陀落へ生きながら小船で旅立つ「補陀落渡海」の話があることを思い出した。身内の死に接し、いにしえの高僧の捨身行の心境を知るのもよしと、本を手にした。時は戦国、永禄8年。

さて、井上靖の「補陀落渡海記」には金光坊(実在の人物)の最後の言葉が「漢文」で出てくるそうなのだがかみさんから「仏教徒なら読めるでしょ?」と言われて見せられた。 ご存知の方も多いと思いま …

補陀落渡海記 井上靖 ⭐ LINK ✅ 補陀落渡海記 井上靖

Read more about 補陀落渡海記 井上靖.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
It is never too soon to be kind, for we never know how soon it will be too late.
Guest

There is one art of which man should be master--the art of reflection.

Guest
If you don't know where you are going, any road will get you there.
Calendar
MoTuWeThFrStSu