葛西 善蔵 太宰 治

葛西 善蔵 太宰 治

葛西 善蔵 太宰 治



葛西 善蔵(かさい ぜんぞう、1887年(明治20年)1月16日 - 1928年(昭和3年)7月23日)は、日本の小説家である。 青森県中津軽郡弘前松森町(現・弘前市)で当時米の仲買業をしていた父・卯一郎、母・ひさの長男として生まれた。 姉二人(長女・いそ、次女・ちよ)と祖母・かよがいた。

底本:「太宰治全集3」ちくま文庫、筑摩書房 1988(昭和63)年10月25日第1刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版太宰治全集」筑摩書房 1975(昭和50)年6月~1976(昭和51)年6月刊行 1975(昭和50)年6月から1976(昭和51)年6月刊行 入力:柴田卓治

葛西善蔵という作家を知ったのは、2005年4月の津軽旅行でだった。 名前を聞くのも全く初めてだった。 旅行の初めに書店で太宰治の「津軽」を購入した。 太宰は「津軽」の中で岩木山に関しての葛西善蔵の発言を述べていた。

太宰治の短編小説「善蔵を思う」(1940年4月)は表題と中身が合わぬ。善蔵とは太宰の同郷の作家、葛西善蔵のことなのであるが、作中にはそれらしき人物が登場しない。ゆえに、読んだ人は表題の意味について首をかしげることになる。 主人公はdという青森出身の作家で、明らかに太宰治と ...

 · とんでもない理由により、青森県近代文学館「葛西善蔵生誕130年特別展」へ行ってきた。葛西善蔵でここまでやるのか!と思える、情熱のほとばしる文学展だった。 展示をひとしきり堪能したあと、企画ご担当の文学主査Tさんを事務所へおとない、挨拶させていただいた。

太宰治 [#ページの左右中央] ... 市の岩木山は、青森市の八甲田山よりも秀麗である。けれども、津軽出身の小説の名手、葛西善蔵氏は、郷土の後輩にかう言つて教へてゐる。 ...

 · 葛西善蔵は戦前の私小説の作家で、嘉村礒多の師匠筋である。出身が青森県で、同郷の太宰治の作品にも所々で名前が出てくる。著者の作品を読んでいると、酒を飲む場面がよく出てくる。 もう100年くらい前に書かれた小説である。

太宰と葛西. 太宰治に「善蔵を思う」という短編小説がある。 太宰が『津軽』という小説で、葛西善蔵は「津軽出身の小説の名手」だと書いているように、葛西は同郷の先輩であると同時に文学上の先達でもあった。 この「善蔵を思う」では、直接葛西について触れている部分はないが、太宰 ...

『葛西善蔵集』葛西善蔵(新潮文庫) 太宰治の、いわゆる「中期」の作品の中に、『善蔵を思う』という佳編があります。私にとっては、「フェイヴァレット」とは言わないまでも、一貫して好感を持っていた作品であります。(この度も読みかえしてみました。

葛西 善蔵 太宰 治 ⭐ LINK ✅ 葛西 善蔵 太宰 治

Read more about 葛西 善蔵 太宰 治.

5
6
7
8
9

Comments:
Guest
Love conquers all, except poverty and toothache.
Guest

Make tomorrow another day and not today's sequel.

Guest
If at first you do succeed, hide your astonishment.
Calendar
MoTuWeThFrStSu