芥川 龍之介 鼻 全文

芥川 龍之介 鼻 全文

芥川 龍之介 鼻 全文



底本:「芥川龍之介全集1」ちくま文庫、筑摩書房 1986(昭和61)年9月24日第1刷発行 1997(平成9)年4月15日第14刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月 初出:「新思潮」

「鼻」(はな)は、芥川龍之介による初期の短編小説(掌編小説)。1916年に『新思潮』の創刊号で発表された。 『今昔物語集』の「池尾禅珍内供鼻語」および『宇治拾遺物語』の「鼻長き僧の事」を題材としている。 「人の幸福をねたみ、不幸を笑う」と言う人間の心理を捉えた作品。

今日は芥川龍之介の「鼻」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。 これは芥川龍之介のかなり有名な代表作です。 禅智内供は、鼻が長すぎて困っているお坊さんなのです。鼻がどうも、他の人とぜんぜん違う。それで悩んでいる。

『鼻』は夏目漱石が称賛したことで有名な芥川龍之介の作品です。上品なユーモアのある作風が漱石の心を快くくすぐったのでしょう。ここではそんな『鼻』のあらすじから解説・感想をまとめました。

底本:「芥川龍之介全集1」ちくま文庫、筑摩書房 1986(昭和61)年9月24日第1刷発行 1997(平成9)年4月15日第14刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月 入力:平山誠、野口英司

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

芥川 龍之介 鼻 全文 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 鼻 全文

Read more about 芥川 龍之介 鼻 全文.

7
8
9
10
11
12

Comments:
Guest
The easiest way to have your family tree traced is to run for public office.
Guest

Four be the things I am wiser to know: idleness, sorrow, a friend and a foe.

Guest
An obstacle may be either a stepping stone or a stumbling block.
Calendar
MoTuWeThFrStSu