芥川 龍之介 葱

芥川 龍之介 葱

芥川 龍之介 葱



底本:「芥川龍之介全集3」ちくま文庫、筑摩書房 1986(昭和61)年12月1日第1刷発行 1996(平成8)年4月1日第8刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月 入力:j.utiyama

芥川龍之介に『葱』という小説があります。文豪にもなると、テーマ『葱』で小説が書けるもんなんですね。うらやましい感性です。 1919 年に書かれた作品で、 なかなか爽やかで、ささやかなりしエールの込められた素敵な一作です。. ものすごく簡潔に言うと、女の子が葱買うだけの話なん ...

底本:「芥川龍之介全集3」ちくま文庫、筑摩書房 1986(昭和61)年12月1日第1刷発行 1996(平成8)年4月1日第8刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月〜1971(昭和46)年11月 入力:j.utiyama

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)、俳号は我鬼。

 · 芥川龍之介「蜘蛛の糸」は、オリジナルの物語ではなかった。類似する二つの作品、カラマーゾフの兄弟「一本の葱」と、ポール・ケーラス「カルマ」。蜘蛛の糸のルーツはどれなのか。

 · 芥川龍之介、2017年、『芥川龍之介全集3』、ちくま文庫 kankeijowbone 2018-11-18 16:55 芥川龍之介の作品を読み漁る——「葱」、「尾生の信」、「秋」、「女」

芥川 龍之介 葱 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 葱

Read more about 芥川 龍之介 葱.

10
11
12

Comments:
Guest
The virtues of being punctual are largely offset by having to wait for people who aren't.
Guest

Forgiveness is like sunshine after a rainy day.

Guest
A handful of patience is worth more than a bushel of brains.
Calendar
MoTuWeThFrStSu