芥川 龍之介 竜

芥川 龍之介 竜

芥川 龍之介 竜



底本:「芥川龍之介全集3」ちくま文庫、筑摩書房 1986(昭和61)年12月1日第1刷発行 1996(平成8)年4月1日第8刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)、俳号は我鬼。

芥川龍之介「竜」は、『宇治拾遺物語』巻第十一「六 蔵人得業猿澤池ノ龍ノ事」から材をとった短編である。 宇治の大納言隆国の前で、「奈良に蔵人得業恵印と申しまして、途方もなく鼻の大きい法師が一人おりました」と、陶器造の翁は今は昔の物語を語り始める。

地獄変・偸盗 (新潮文庫)/芥川 龍之介本冊は6つの短編からなり、そのうちの1つが以下の「竜」である。¥380Amazon.co.jp1.あらすじとある陶器造…

 · 音声表現学苑主宰、坂井清成による朗読。 2015年傘寿を迎えた今なお、毎月数回定期的に朗読会を開催。 その活動は50年 ...

 · 【朗読】 竜 芥川龍之介 1919年(大正8年) 27歳の頃の作品。 声に出して読むと、情景が浮かび涙が出てきます。 どうぞ、ごゆっくりとイメージし ...

芥川龍之介の「竜」は昇ったのか 芥川龍之介「竜」は、『宇治拾遺物語』巻第十一「六 蔵人得業猿澤池ノ龍ノ事」から材をとった短編である。 宇治の大納言隆国の前で、「奈良に蔵人得業恵印と申しまして、途方もなく鼻の大きい法師が一人おりました ...

龍が昇るはなし:――芥川龍之介「龍」の典拠と〈物語〉構造―― 五島 慶一 日本文学 62(6), 11-22, 2013

竜: 芥川龍之介全集3: ... 『芥川龍之介』より : 芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年(明治25年)3月1日 - 1927年(昭和2年)7月24日)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人、俳号は我鬼。 その作品の多くは短編である。

芥川 竜之介: 作家名読み: あくたがわ りゅうのすけ: ローマ字表記: Akutagawa, Ryunosuke: 生年: 1892-03-01: 没年: 1927-07-24: 人物について: 東大在学中に同人雑誌「新思潮」に発表した「鼻」を漱石が激賞し、文壇で活躍するようになる。

芥川 龍之介 竜 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 竜

Read more about 芥川 龍之介 竜.

6
7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Between each dawn and setting sun, set aside some time for fun.
Guest

The most difficult part of getting to the top of the ladder is getting through the crowd at the bottom.

Guest
Some people know lots more than they tell-- Some don't.
Calendar
MoTuWeThFrStSu