芥川 龍之介 秋 考察

芥川 龍之介 秋 考察

芥川 龍之介 秋 考察



芥川龍之介「秋」考察 : 〈松林〉のある「大阪の郊外」について 鷲﨑 秀一 阪南論集. 人文・自然科学編 56(1), 61-69, 2020-10

小澤:芥川龍之介「秋」を読む の痕跡である。 「秋」の俊吉と信子の関係を考察するにおいて 参考になるのは、二年前の塚本文との結婚の経緯 である。「婚約時代の文宛龍之介書簡には、龍之 介の女性観や結婚観が率直に吐露されており注目

『秋』(あき)は、芥川龍之介の短編小説。芥川が初めて試みた近代心理小説である。幼馴染の従兄をめぐる姉と妹の三角関係の愛と葛藤の物語。恋する人を妹に譲った姉の視点を軸にしながら、内に秘めた三者の揺れ動く微妙な心理が高雅な趣で表現されている。

芥川龍之介 秋 私的考察 今回は、芥川作品の中でも中期に位置し、芸術至上主義の行き詰まりによりその技法から一歩引いて書き上げた現代心理小説の完成された姿と名の高い「秋」について、私的な感想・考察を交えて書いていこうと思う。

芥川龍之介「秋」 【初出情報】 初出:「中央公論」大正九年四月 単行本:「夜来の花」新潮社 大正十年三月 【作者について】 明治二十五年(一歳) 東京市京橋区入船町八丁目一番地に、牛乳販売業耕牧舎を営む新原敏三・ふくの長男として、三月一日生まれた。

芥川 龍之介 秋 考察 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 秋 考察

Read more about 芥川 龍之介 秋 考察.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
The most difficult part of getting to the top of the ladder is getting through the crowd at the bottom.
Guest

Worry pulls tomorrow's cloud over today's bright sunshine.

Guest
A truly contented person enjoys the scenery along a detour.
Calendar
MoTuWeThFrStSu