芥川 龍之介 秋 考察

芥川 龍之介 秋 考察

芥川 龍之介 秋 考察



『秋』(あき)は、芥川龍之介の短編小説。芥川が初めて試みた近代心理小説である。幼馴染の従兄をめぐる姉と妹の三角関係の愛と葛藤の物語。恋する人を妹に譲った姉の視点を軸にしながら、内に秘めた三者の揺れ動く微妙な心理が高雅な趣で表現されている。

小澤:芥川龍之介「秋」を読む の痕跡である。 「秋」の俊吉と信子の関係を考察するにおいて 参考になるのは、二年前の塚本文との結婚の経緯 である。「婚約時代の文宛龍之介書簡には、龍之 介の女性観や結婚観が率直に吐露されており注目

底本:「現代日本文学大系43芥川龍之介集」筑摩書房 1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行 入力:j.utiyama 校正:野口英司 1998年5月20日公開 2004年2月8日修正 青空文庫作成ファイル:

芥川 竜之介『秋 (Kindle)』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約54件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

芥川龍之介「秋」 【初出情報】 初出:「中央公論」大正九年四月 単行本:「夜来の花」新潮社 大正十年三月 【作者について】 明治二十五年(一歳) 東京市京橋区入船町八丁目一番地に、牛乳販売業耕牧舎を営む新原敏三・ふくの長男として、三月一日生まれた。

 · 言わずと知れた日本を代表する文豪・芥川龍之介。明治35(1892)年に生まれた芥川龍之介は、『羅生門』『鼻』『地獄変』等の数多くの作品を ...

vol.51 芥川龍之介「秋」を読んで 30. 西野 友章 2019/07/03 20:47. この恋、せつなすぎる。昔好きだった男は妹と結婚した。姉は自ら身を引いた。 久しぶりに会った3人の、互いに気遣う心理描写に圧倒 …

芥川龍之介の「秋」について質問です。信子と照子がふたりきりで話している途中、照子が泣きながら「じゃお姉様は――お姉様はなぜ昨夜も――」 と言っている場面がありますよね。この言葉の、昨夜も―とは一体どういう意味でしょ...

芥川 龍之介 秋 考察 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 秋 考察

Read more about 芥川 龍之介 秋 考察.

6
7
8

Comments:
Guest
When high school kids wear rags today, we call it self-expression--When I was young and dressed this way, we called it the Depression.
Guest

When high school kids wear rags today, we call it self-expression--When I was young and dressed this way, we called it the Depression.

Guest
If God shuts one door, He opens another.
Calendar
MoTuWeThFrStSu