芥川 龍之介 秋 犠牲 的 な 結婚

芥川 龍之介 秋 犠牲 的 な 結婚

芥川 龍之介 秋 犠牲 的 な 結婚



秋 芥川龍之介 ... が、彼女の結婚は果して妹の想像通り、全然犠牲的なそれであらうか。 ... 底本:「現代日本文学大系43芥川龍之介集」筑摩書房 1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行 ...

『秋』(あき)は、芥川龍之介の短編小説。芥川が初めて試みた近代心理小説である。 幼馴染の従兄をめぐる姉と妹の三角関係の愛と葛藤の物語。 恋する人を妹に譲った姉の視点を軸にしながら、内に秘めた三者の揺れ動く微妙な心理が高雅な趣で表現されている。

『秋』の頃の芥川龍之介の背景 『秋』は大正9年の作品ですが、大正8年頃に芥川龍之介は作家としてかなり危機的な状況に陥っていました。大正8年に書いたエッセイ・随筆の『芸術その他』にてこう書いています。 芸術の境に停滞と云ふ事はない。

「秋」の俊吉と信子の関係を考察するにおいて 参考になるのは、二年前の塚本文との結婚の経緯 である。「婚約時代の文宛龍之介書簡には、龍之 介の女性観や結婚観が率直に吐露されており注目 される。」(「芥川龍之介事典」明治書院、「芥川文」

広子は結婚前の何箇月か、――殊に深い秋 ... その戯曲は失明した兄のために 犠牲的 ( ぎせいてき ) の結婚 ... 底本:「芥川龍之介全集5」ちくま文庫、筑摩書房 1987(昭和62)年2月24日第1刷発行 ...

信子はなぜ俊吉と結婚しなかったのか? まるで暗号で書かれたかのような 近代心理劇、と昨日紹介した本作品。 私は、今回再読するまで、 姉の信子が妹の幸せを願い、 自ら身を引いたものとばかり 思っていました。 妹思いの優しい姉の信子像を描いていたのです。

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

秋 (芥川龍之介) 秋 (芥川龍之介)の概要 ナビゲーションに移動検索に移動秋作者芥川龍之介国 日本言語日本語ジャンル短編小説発表形態雑誌掲載初出『中央公論』1920年4月号収録『夜来の花』 新潮社 1921年3月14日 ウィキポータル 文学テン...

この恋、せつなすぎる。昔好きだった男は妹と結婚した。姉は自ら身を引いた。久しぶりに会った3人の、互いに気遣う心理描写に圧倒された。文章全体から漂う高雅な趣も、とても心地よかった。行間から感じる姉妹の心の揺れが、妙にリアルに伝わってきた。

下手な自己犠牲は偽善の自己満足にすぎない 「秋」芥川龍之介 戯作三昧・一塊の土 (新潮文庫)/芥川 龍之介 本作品は13の短編からなり、そのうちの1つが以下の「秋」である。

芥川 龍之介 秋 犠牲 的 な 結婚 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 秋 犠牲 的 な 結婚

Read more about 芥川 龍之介 秋 犠牲 的 な 結婚.

3
4
5

Comments:
Guest
When high school kids wear rags today, we call it self-expression--When I was young and dressed this way, we called it the Depression.
Guest

People who look for the easy way out seem to have trouble finding an exit.

Guest
There are many ways of going forward, but there is only one way of standing still.
Calendar
MoTuWeThFrStSu