芥川 龍之介 秋 収録

芥川 龍之介 秋 収録

芥川 龍之介 秋 収録



『秋』(あき)は、芥川龍之介の短編小説。芥川が初めて試みた近代心理小説である。幼馴染の従兄をめぐる姉と妹の三角関係の愛と葛藤の物語。恋する人を妹に譲った姉の視点を軸にしながら、内に秘めた三者の揺れ動く微妙な心理が高雅な趣で表現されている。 1920年(大正9年)、雑誌『中央公論』4月号に掲載され、翌年1921年(大正10年)3月14日に新潮社より刊行の『夜来の花』に収録された。

『秋』(あき)は、芥川龍之介の短編小説。芥川が初めて試みた近代心理小説である。幼馴染の従兄をめぐる姉と妹の三角関係の愛と葛藤の物語。恋する人を妹に譲った姉の視点を軸にしながら、内に秘めた三者の揺れ動く微妙な心理が高雅な趣で表現されている。 1920年(大正9年)、雑誌『中央公論』4月号に掲載され、翌年1921年(大正10年)3月14日に新潮社より刊行の『夜来の花』に収録された。

芥川龍之介は

芥川龍之介は

底本:「現代日本文学大系43芥川龍之介集」筑摩書房 1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行 入力:j.utiyama 校正:野口英司 1998年5月20日公開 2004年2月8日修正 青空文庫作成ファイル:

秋は、芥川作品の中で一番好きな短編小説。 秋の情景が浮かぶ文章…昔から秋が近づくと何度も読み返します。 「秋――」信子はうすら寒い幌の下に、全身で寂しさを感じながら、しみじみかう思はずにゐ …

芥川龍之介「秋」を読む 小澤 保博 , Ozawa Yasuhiro 琉球大学教育学部紀要 69, 179-189, 2006-09

芥川龍之介「秋」 【初出情報】 初出:「中央公論」大正九年四月 単行本:「夜来の花」新潮社 大正十年三月 【作者について】 明治二十五年(一歳) 東京市京橋区入船町八丁目一番地に、牛乳販売業耕牧舎を営む新原敏三・ふくの長男として、三月一日生まれた。

芥川の『秋』はとても長いので、キャストの収録は別に3時間、ナレーションも3時間の、別録りです。 なかなかの長丁場。 座ってるだけに見えますが、お腹から声を出して、まっすぐ座って、喉も乾くし、目で文字を追っているし、朗読は、結構疲れます。

『舞踏会』(ぶとうかい)は、芥川龍之介の短編小説(掌編小説)。ピエール・ロティ著『秋の日本』の中の一章「江戸の舞踏会」に着想を得た作品である 。 明治19年の天長節の晩、鹿鳴館で催された大夜会に招かれた娘が、あるフランス人海軍将校に踊りを申し込まれ、2人で美しく儚い花火 ...

「芥川龍之介」 [公開中の作品|作業中の作品] 公開中の作品. 愛読書の印象 (新字旧仮名、作品id:4872) 秋 (新字旧仮名、作品id:16 ) ...

芥川龍之介の「秋」について質問です。信子と照子がふたりきりで話している途中、照子が泣きながら「じゃお姉様は――お姉様はなぜ昨夜も――」 と言っている場面がありますよね。この言葉の、昨夜も―とは一体どういう意味でしょ...

芥川 龍之介 秋 収録 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 秋 収録

Read more about 芥川 龍之介 秋 収録.

2
3
4

Comments:
Guest
People who think they know everything can be a pain in the neck to those who really do.
Guest

When I can't handle events, I let them handle themselves.

Guest
A friend is long sought, hardly found and with difficulty kept.
Calendar
MoTuWeThFrStSu