芥川 龍之介 河童 風刺

芥川 龍之介 河童 風刺

芥川 龍之介 河童 風刺



『河童』(かっぱ)は、芥川龍之介が1927年(昭和2年)に総合雑誌『改造』誌上に発表した小説である。 当時の日本社会、あるいは人間社会を痛烈に風刺、批判した小説であり、同じ年の芥川の自殺の動機を考える上でも重要な作品の一つであるといえる。芥川の晩年の代表作として有名で、芥川の命日7月24日が「河童忌」と呼ばれるのもこのためである。 副題には「どうか Kappa と発音して下さい。」という半ば不可解な言葉が記されている。 上高地の河童橋は本作以前に存在しており、むしろ「河童」橋の名称の方が本作の着想に影響を与えたと思われるが、本作の発表および芥川の自殺によって、より知名度が上がることになった。

物語は、ある精神病患者の第二十三号が誰にでも話すという話を語ったものであるとして進められる。3年前のある日、彼は

物語は、ある精神病患者の第二十三号が誰にでも話すという話を語ったものであるとして進められる。3年前のある日、彼は

河童の世界 芥川龍之介 社会風刺 当時の社会 精神 自殺 面白かった 共通 支離滅裂 深い 現代 トップレビュー 新しい順 トップレビュー 上位レビュー、対象国: 日本

しかし乍、左程変わらないながらも、人間社会における矛盾を河童社会と比較。人間社会を風刺。痛烈に批判している。 作者(芥川龍之介)は河童社会を通し、自らの心の矛盾を問いかけている。

底本:「芥川龍之介全集 第十四巻」岩波書店 1996(平成8)年12月9日発行 底本の親本:「改造 第九巻第三号」 1927(昭和2)年3月1日発行 初出:「改造 第九巻第三号」 1927(昭和2)年3月1日発行

 · 芥川龍之介作品と「河童橋」 この橋が登場する小説『河童』は上高地から槍ヶ岳、穂高岳に至る梓川周辺を舞台とし、主人公がさまよいこんだ河童の国を通して、当時の日本社会を風刺した寓意性の高い物語だ。

 · ・『河童/芥川龍之介』の概要. 1927年(昭和2年)『改造』にて初出。芥川龍之介の代表作。二十世紀初頭の日本社会を背景に、現実批判を主とする風刺文学。芥川の命日(7月24日)は、この作品に因んで「河童忌」と呼ばれる。

芥川龍之介「河童 どうかKappaと発音して下さい。」は、河童の住む世界を、非ユートピアの舞台にした、この当時の日本社会に対する風刺、あるいは日本を飛び越え、人類全体に対する風刺といえる。 作者・芥川が自殺をする、その数ヶ月前に書かれた小説であり、その時の彼の陰鬱な気分と ...

芥川 龍之介 河童 風刺 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 河童 風刺

Read more about 芥川 龍之介 河童 風刺.

4
5
6

Comments:
Guest
Some people have eyes that see not and ears that hear not, but never tongues that talk not.
Guest

It's not only quiet people who don't say much.

Guest
No man who has caught a big fish goes home through an alley.
Calendar
MoTuWeThFrStSu