芥川 龍之介 書評

芥川 龍之介 書評

芥川 龍之介 書評



芥川龍之介「蜘蛛の糸」の書評〜自分だけ助かろうとするなんて〜 あなたは「自分さえ良ければいい」と考えることはありませんか? そのように聞かれたら、多くの人は「そんなことはない」と答えるでしょう。 おそらく普段の生活におい

芥川龍之介の「杜子春」を読む 人として忘れてはいけない気持ちとは 世の中は簡単に言えば、「お金で買えるもの」と「お金で買えないもの」に大別出来ます。 確かにお金を持つことは幸せでしょう。 ありとあらゆる贅沢を極め、人との

『舞踏会・蜜柑 (角川文庫)』(芥川龍之介) のみんなのレビュー・感想ページです(21レビュー)。作品紹介・あらすじ:夜空に消える一閃の花火に人生を象徴させる「舞踏会」や、見知らぬ姉妹の情に安らぎを見出す「蜜柑」。表題作の他、「沼地」「竜」「疑惑」「魔術」など大正8年の作品計16 ...

芥川龍之介。 誰でも知るこの作家の人生を、その生まれから丁寧に辿っていく。 その育った環境。文学への道を後押しした学生時代。作家として生きていく事の栄光と挫折。そして自死するに至ったわけ。 芥川の事をあまりに知らなかった。

書評② 芥川龍之介『蜘蛛の糸』 9. 小雪 2019/11/14 20:53 「小説を読め」と、手放しに勧められないほど小説の地位が落ち込んでいる昨今で、芥川龍之介の『蜘蛛の糸』ほど、「これを読め」と言いたくなる小説はない。 ...

芥川龍之介の短編『枯野抄』を紹介します。『枯野抄』のあらすじと紹介本作は、松尾芭蕉の臨終を見守る弟子たちの心情を克明に描写した作品です。師匠の死という同一の事象に対して、それぞれの弟子が全く異なる感情を抱いています。僕は本作を読んで、人間の

「枯野抄」は、芥川龍之介の歴史小説の中で、"江戸物"の一作ですが、芥川との私の出会いは、自意識に目覚め、自分もその一存在である"人間"というものに、追求の眼を向け始める青春時代に遡りますが、その時代はまた、文学というものへの"開眼"にも繋がる時期だったと思います。

最初の書評は、やっぱりこれ。「河童」 芥川龍之介著 小学5年の夏休み、親戚のうちに夏の間中、預けられた。 その家には、当時中学の叔父がいて、なにやら難しい本…

芥川龍之介賞 最新情報 第164回芥川龍之介賞候補作品決定!(2020年下半期) 第164回芥川龍之介賞の候補作が決定いたしました。選考委員会は、きたる2021年1月20日(水)都内にて開催致します。

芥川龍之介自選自筆碑文 : 碑文 : 稲荷神社(埼玉県蓮田市根金)境内*知人・関口平太郎を顕彰する芥川自筆の文を刻印 *署名「文学士・芥川龍之介」 1917 (大正6) 9: 1 : 葛巻義敏編『芥川龍之介未定稿集』岩波書店、1968(昭和43)・2・23: 23: 月報: 蛙 : 小説 ...

芥川 龍之介 書評 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 書評

Read more about 芥川 龍之介 書評.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
The prevailing attitude these days seems to be if you don't finish first, you're last.
Guest

The easiest way to have your family tree traced is to run for public office.

Guest
We do not inherit the Earth from our ancestors--we borrow it from our children.
Calendar
MoTuWeThFrStSu