芥川 龍之介 作品 解説

芥川 龍之介 作品 解説

芥川 龍之介 作品 解説



芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)、俳号は我鬼。

 · 顎に手を添え、口元にうっすらと笑みを蓄えながら涼しげな視線で遠くを見据えた写真。きっと誰もが一度は見たことがあるであろうその写真の主。それが、日本を代表する作家のひとり・芥川龍之介です。たぐいまれなる才能を持ちながら36歳の若さでこの世を去った芥川龍之介とはどんな ...

あらすじで読む!芥川龍之介集 . 芥川龍之介は、主に短編小説を書き、多くの傑作を残しました。 こちらは、あの気になる作品をあらすじでまとめ、 30作品の内容が簡単に把握できる、「あらすじで読む!芥川龍之介集」です。

『蜃気楼』は、芥川が自殺する4か月前に書かれた不穏な空気のただよう作品です。 今回は、芥川龍之介『蜃気楼』のあらすじと内容解説、感想をご紹介します!

『歯車』(はぐるま) は、芥川龍之介の小説。『玄鶴山房』、『蜃気楼』、『河童』、『或阿呆の一生』と並ぶ晩年の代表作である。 この時期の作品には自身の心象風景を小説にしたものが多いが、この作品もその一つと言える。

芥川龍之介に、『妙な話』というタイトルの妙な話の小説があります。1921年、大正10年に『現代』という雑誌に発表された作品です。確かになかなか妙な話で、ぞっとするような不気味さもあります。 芥川龍之介『妙な話』のあらすじ

芥川龍之介の年表と作品一覧をつくってみた。 16 views 『トロツコ』のあらすじや考察。 16 views; 芥川龍之介の死因 小説を読んでいるだけでは知る由もない部分まで解説 15 views 『仙人』のあらすじ、解説、感想、オチまで。 14 views

芥川 龍之介 作品 解説 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 作品 解説

Read more about 芥川 龍之介 作品 解説.

7
8
9
10
11

Comments:
Guest
One-third of the people in this country promote, while the other two-thirds provide.
Guest

Happiness is a way station between too much and too little.

Guest
One today is worth two tomorrows.
Calendar
MoTuWeThFrStSu