芥川 龍之介 作品 秋

芥川 龍之介 作品 秋

芥川 龍之介 作品 秋



『秋』(あき)は、芥川龍之介の短編小説。芥川が初めて試みた近代心理小説である。幼馴染の従兄をめぐる姉と妹の三角関係の愛と葛藤の物語。恋する人を妹に譲った姉の視点を軸にしながら、内に秘めた三者の揺れ動く微妙な心理が高雅な趣で表現されている。 1920年(大正9年)、雑誌『中央公論』4月号に掲載され、翌年1921年(大正10年)3月14日に新潮社より刊行の『夜来の花』に収録された。

『秋』(あき)は、芥川龍之介の短編小説。芥川が初めて試みた近代心理小説である。幼馴染の従兄をめぐる姉と妹の三角関係の愛と葛藤の物語。恋する人を妹に譲った姉の視点を軸にしながら、内に秘めた三者の揺れ動く微妙な心理が高雅な趣で表現されている。 1920年(大正9年)、雑誌『中央公論』4月号に掲載され、翌年1921年(大正10年)3月14日に新潮社より刊行の『夜来の花』に収録された。

芥川龍之介は

芥川龍之介は

芥川龍之介と言えば、『鼻』、『地獄変』、『杜子春』、『芋粥』、『羅生門』、『蜘蛛の糸』などなど王朝物を初期に書いており、要するに元ネタがあった作家なのですが、そこから脱却した最初の作品が『秋』です。 後年、生活と離れた芸術至上主義、また神経衰弱に悩まされていきます ...

底本:「現代日本文学大系43芥川龍之介集」筑摩書房 1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行 入力:j.utiyama 校正:野口英司 1998年5月20日公開 2004年2月8日修正 青空文庫作成ファイル:

秋 (芥川龍之介) 秋 (芥川龍之介)の概要 ナビゲーションに移動検索に移動秋作者芥川龍之介国 日本言語日本語ジャンル短編小説発表形態雑誌掲載初出『中央公論』1920年4月号収録『夜来の花』 新潮社 1921年3月14日 ウィキポータル 文学テン...

 · しみじみと、文学作品を朗読したいなぁ~と、大好きな芥川龍之介を検索したところ 今のこの季節にぴったりな作品と出会いました。 Skip navigation

る。」(「芥川龍之介全作品事典」小説「秋」の項、 関口安義担当) 一の章、女子大に在学していた信子は在学中才媛 の名を担っていたが、卒業と同時に商社マンと結 婚して大阪に去る。それは表面的には …

 · 言わずと知れた日本を代表する文豪・芥川龍之介。明治35(1892)年に生まれた芥川龍之介は、『羅生門』『鼻』『地獄変』等の数多くの作品を ...

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

「芥川龍之介」 [公開中の作品|作業中の作品] 公開中の作品. 愛読書の印象 (新字旧仮名、作品id:4872) 秋 (新字旧仮名、作品id:16 ...

芥川龍之介作品集 第四巻: 1965(昭和40)年12月20日: 東洋の秋: 芥川龍之介作品集 第四巻: 1965(昭和40)年12月20日: 田端日記: 芥川龍之介全集8: 1989(平成元)年8月29日: 骨董羹(―寿陵余子の仮名のもとに筆を執れる戯文―) 筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻

芥川 龍之介 作品 秋 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 作品 秋

Read more about 芥川 龍之介 作品 秋.

6
7
8

Comments:
Guest
Pick your friends, but not to pieces.
Guest

How come an educational system that put so much emphasis on penmanship produced so many doctors?

Guest
Better to be square than to move in wrong circles.
Calendar
MoTuWeThFrStSu