芥川 龍之介 ハンケチ

芥川 龍之介 ハンケチ

芥川 龍之介 ハンケチ



底本:「現代日本文学大系 43 芥川龍之介集」筑摩書房 1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行 入力:j.utiyama 校正:柳沢成雄 1998年9月14日公開 2004年3月16日修正 青空文庫作成ファイル:

芥川龍之介の小説に『桃太郎』があります。そうです、きび団子で犬猿雉を従えて鬼をやっつけるあれです。しかし、あの昔話の『桃太郎』ではありません。芥川ならではの、あのお伽噺を裏側から見た独特の物語なのです …

『手巾』(ハンケチ)は、芥川龍之介の短編小説。1916年10月の『中央公論』にて発表された。

久しぶりに書棚から「日本文学全集」(新潮社)の「芥川龍之介集」を取り出し、『手巾(ハンケチ)』を読みました。 この短編の主人公は、東京法科大学教授、長谷川謹造先生。「武士道」で有名な新渡戸稲造がモデルだと言われています。

世界大百科事典 第2版 - ハンケチの用語解説 - 日本ではおもに手ふきとして,欧米ではおもに鼻ふきとして実用され,また装飾品としても用いられる方形の小布。日本では略してハンカチ,ハンケチと呼ばれることが多く,手巾(しゆきん)ともいう。

 · 顔で微笑み、全身で泣く・・・悲しみを抑制する母親の姿

芥川 龍之介 ハンケチ ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 ハンケチ

Read more about 芥川 龍之介 ハンケチ.

5
6
7
8
9

Comments:
Guest
How come an educational system that put so much emphasis on penmanship produced so many doctors?
Guest

An obstacle may be either a stepping stone or a stumbling block.

Guest
Maybe people should swap problems-- Everyone, it seems, knows how to solve the other guy's.
Calendar
MoTuWeThFrStSu