芥川 龍之介 ハンケチ

芥川 龍之介 ハンケチ

芥川 龍之介 ハンケチ



『手巾』(ハンケチ)は、芥川龍之介の短編小説。1916年10月の『中央公論』にて発表された。

芥川龍之介に『仙人』という小説があります。文字通り仙人が出てくる小説なのですが、考えてみれば、芥川の小説にはよく仙人が出てきますね。『杜子春』とかね。 いろいろ調べていて何かおかしいなと思ったのですが …

 · 顔で微笑み、全身で泣く・・・悲しみを抑制する母親の姿

底本:「現代日本文学大系 43 芥川龍之介集」筑摩書房 1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行 入力:j.utiyama 校正:柳沢成雄 1998年9月14日公開 2004年3月16日修正 青空文庫作成ファイル:

芥川龍之介の手巾(ハンケチ)はどういう作品ですか?先日の相棒16のタイトルでした。 青空文庫でよめる短い本です。新渡戸稲造がモデルと言われてる大学教授が息子をなくした女性の元をたずねます。教授は女性と話していて、息子が死んだのに全然悲しんでねーなと思いますが、じつは ...

About Press Copyright Contact us Creators Advertise Developers Terms Privacy Policy & Safety How YouTube works Test new features Press Copyright Contact us Creators ...

「手巾」と書いて「ハンケチ」と読むようだ。ハンカチあるいはハンカチーフのことである。先日当ブログで同じく芥川龍之介の「蜜柑」を取り上げたが、蜜柑を取り上げたなら手巾も取り上げなくてはと感じたものだから書いている。

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

芥川 龍之介 ハンケチ ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 ハンケチ

Read more about 芥川 龍之介 ハンケチ.

5
6
7
8
9

Comments:
Guest
How come an educational system that put so much emphasis on penmanship produced so many doctors?
Guest

An obstacle may be either a stepping stone or a stumbling block.

Guest
Maybe people should swap problems-- Everyone, it seems, knows how to solve the other guy's.
Calendar
MoTuWeThFrStSu