芥川 龍之介 アグニ の 神

芥川 龍之介 アグニ の 神

芥川 龍之介 アグニ の 神



アグニの神 芥川龍之介 ... 底本:「現代日本文学大系43芥川龍之介集」筑摩書房 1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行 ...

「アグニの神、アグニの神、どうか私の申すことを御聞き入れ下さいまし」 婆さんがこう言ったと思うと、息もしないように坐っていた妙子は、やはり眼をつぶったまま、突然口を 利 ( き ) き始めました。しかもその声がどうしても、妙子のような少女 ...

『アグニの神』(アグニのかみ)は、芥川龍之介の短編小説。1921年(大正10年)に雑誌『赤い鳥』にて発表された。タイトルの「アグニの神」とは、ヒンドゥー教の火の神「アグニ」のことである。

 · 著者:芥川龍之介 1989年1月に筑摩書房から出版アグニの神の主要登場人物遠藤(えんどう) 書生。自分の仕える主人の娘、妙子を探している。勇猛果敢な性格。妙子(たえこ) 遠藤の主人の娘。印度人の婆さんに捕らわれており、そこでは恵蓮(えれん)

芥川龍之介「アグニの神」論 : 神を超えた「運命の力」 張 宜樺 三田國文 (45), 28-57, 2007-09

『アグニの神』は1921年(大正10年)に芥川龍之介が『赤い鳥』誌上にて発表した作品です。アグニの神なる神様を遣う占い師を巡る上海が舞台の物語です。

芥川龍之介作『アグニの神』のあらすじ、登場人物を紹介するページです。最後に管理人のコメントを少しだけ載せさせて ...

 · 『アグニの神/芥川龍之介』の狐人的な【読書メモと感想】。エレン、お前に神を降ろす…エレンに宿る神の力とは!?…ところでアグニってけっこういろんなゲームで出てくるよね。結局、神様って人間がその力を利用するために生み出したもの?

芥川龍之介は「アグニの神」で何が言いたかったのですか?? 「人と奇跡の境界」を言っているのだと思います。物語どおりに読めば、アグニの神が妙子に憑依して、お婆さんに罰を加えたように思えます。しかしそれに重なって、妙...

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

芥川 龍之介 アグニ の 神 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 アグニ の 神

Read more about 芥川 龍之介 アグニ の 神.

3
4
5

Comments:
Guest
All that you do, do with all your might--Things done by half are never quite right.
Guest

There is one art of which man should be master--the art of reflection.

Guest
All the world's a stage, but most of us are stagehands.
Calendar
MoTuWeThFrStSu