紫式部 今鏡

紫式部 今鏡

紫式部 今鏡



紫式部は『源氏物語』に、むやみと浮薄でなまめかしい話を書き集めて、多くの読者を堕落させたので、地獄に堕ちて苦しんでいるという伝説です(『今鏡』参照)。平安末期から鎌倉時代にかけて盛んに …

『今鏡』(いまかがみ)は、歴史物語。10巻。成立は、序文によれば、高倉天皇の嘉応2年(1170年)とされるが、それ以降とする説もある 。作者は藤原為経(寂超)とするのがほぼ定説になっている。ほかに、中山忠親、源通親説もある 。『今鏡』は『続世継』(しょくよつぎ)とも『小鏡』(こかがみ)とも呼ばれる。『続世継』は、『大鏡』の続きであるという意味で、『小鏡』とは、現在の歴史という意味である。『つくも髪の物語』ともいう。

紫式部(むらさきしきぶ)は、平安時代中期の作家・歌人、女房(女官)。 作家としては、日本文学史を代表する一人。 正確な誕生年は特定できないが、近年の研究では、天禄元年(970年)から天元元年(978年)の間に生まれ、寛仁3年(1019年)までは存命したとされる 。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 今鏡の用語解説 - 『小鏡』『続世継』ともいう。『大鏡』『水鏡』『増鏡』とともに四鏡の一つ。平安時代末期の歴史物語。 10巻。後一条天皇から高倉天皇にいたる時期 (1025~1170) の朝廷および藤原,村上源氏両氏の歴史を主として記す。

大鏡・今鏡が紀伝体で、水鏡・増鏡が編年体. 四鏡は、文章の形式によってさらに二分することができます。 大鏡・今鏡が「紀伝体」、水鏡・増鏡が「編年体」という特徴があります。

どの画像もクリックすると拡大します。 源氏物語を書いた紫式部が亡くなった後に地獄に堕ちたということを 皆さんご存知でしたか. これは多分ホントの話です(笑)。 なんてったって、れっきとした歴史文学書の「今鏡」に書いてあるんですから。. 罪状は、

 · 紫式部が「妄語戒」によって地獄に落ちたという話の内容を教えて下さい。それだったら、もっと地獄に落ちてもいい方はいらっしゃるような気がするのですが。 インターネットで「今鏡」を調べていました。 下記のご回答者様、紫式部...

今鏡 作者:寂超 ... 長谷寺参りの途中で大宅世継の孫で、かっては「あやめ」という名で紫式部に仕えた、150歳を超えた老婆から聞いた話を記したという形式を採る。

これは、今鏡が「紫式部に仕えていた老女から聞いた話」という建前で書いているからだと思われます。 紫式部自身ならともかく、その下の層となると、政治の細かな動きよりは儀式や芸術のほうが興味深かったでしょうし、関わる機会も多かったはずです ...

紫式部 今鏡 ⭐ LINK ✅ 紫式部 今鏡

Read more about 紫式部 今鏡.

2
3
4

Comments:
Guest
When a pessimist has nothing to worry about, he worries about why he has nothing to worry about.
Guest

Lost time is never found again.

Guest
Age is a high price to pay for maturity.
Calendar
MoTuWeThFrStSu