紀貫之 幼名

紀貫之 幼名

紀貫之 幼名



紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。下野守・紀本道の孫。紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈従二位。『古今和歌集』の選者の一人で、三十六歌仙の一人。

概略. 幼名を「内教坊の阿古久曽(あこくそ)」と称したという 。 貫之の母が内教坊出身の女子だったので、貫之もこのように称したのではないかといわれる。. 延喜5年(905年)醍醐天皇の命により初の勅撰和歌集である『古今和歌集』を紀友則・壬生忠岑・凡河内躬恒と共に撰上。

 · 平安時代に活躍した 歌人・紀貫之きのつらゆき。 日本の学校では国語の時間、必ずと言っていいほど、彼の和歌について習いますよね。 ですが紀貫之は歌人である以前に、朝廷に仕える役人であったことをご存知でしょうか。 一体、紀貫之とはどんな人物で、どのような人生を送ったの ...

 · 紀貫之 (きのつらゆき : 872? ~945)は、平安時代前期から中期に活躍した貴族で、日本の歴史の中でも代表的な 歌人 である。 『 古今和歌集 』の撰者の1人であり、また、平安時代の和歌の名手である 三十六歌仙 の1人としても数えられている。 また、散文作品(現在のエッセイのようなもの)で ...

紀貫之(きのつらゆき) <基本データ> *平安時代初期の歌人・官人。 *生没年:貞観十四年(八七二)?~天慶八年(九四五) 享年:七十四歳位 *父:紀望行 *母:内教坊(女楽・踏歌を司る所)の …

あこくその心も知らず梅の花 「あこくそ」は「阿古久曾」で紀貫之の幼名と伝えられている。だから、貫之の歌「人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける」を詠み込んでいるのである。幼友達風麦の屋敷の庭に咲く梅の樹を見て、挨拶の句としたのでもある。

紀貫之 幼名 ⭐ LINK ✅ 紀貫之 幼名

Read more about 紀貫之 幼名.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
It is better to know some of the questions and all the answers.
Guest

By the time somebody decides to make a long story short, it's already too late.

Guest
When I can't handle events, I let them handle themselves.
Calendar
MoTuWeThFrStSu