紀貫之 するなり

紀貫之 するなり

紀貫之 するなり



 · 「男もすなる日記といふものを女もしてみむとてするなり」というのは、紀貫之の『土佐日記』の有名な書き出しである。今さらのようだが、貫之の時代は男は文章を漢文で書くものという常識があったため、漢字仮名交じりの日記を書こうとした彼は便宜上、自分を女と仮想したものと言われ ...

紀貫之. 男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり。 ... 取してぬさたいまつらする ... 廿九日、船出して行く。うらうらと照りてこぎゆく。爪のいと長くなりにたるを見て日を數ふれば、今日は子の日なりければ切らず。 ...

紀貫之が土佐日記に隠した秘密とは?~女性のフリは暗号だった! 「男もすなる日記といふものを女もしてみむとてするなり」で始まる「土佐日記」は、平安時代の代表的歌人である紀貫之が書いたものです。高校の古典で必ず取り上げられますので、誰でもご存知でしょう。

 · 紀貫之『土佐日記』の冒頭 〈原文〉 男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり。 〈現代語訳〉 男のひともするという日記というものを、女の私も試しに書いてみようと思う。 概要. 菊池容斎「紀貫之」

平安前期の歌人。 三十六歌仙の一人。 武内宿禰を祖とする名門紀氏は貫之の時代には藤原氏に押されて衰えており,官人としての栄達の道は困難であった。 しかし一族やその周辺には,従兄弟の紀友則や紀長谷雄,紀有常,惟喬親王,在原業平などの有力歌人や漢詩文で名をなしたものがおり ...

このような中で育った紀貫之。 歌人としての才能を発揮し、宮中で知れ渡るようになります。 20代のころから宮中の歌合せ会に参加。 藤原氏に指名されて歌を詠んだこともありました。 『古今和歌集』を編集する…

女の私もしてみむとて、するなり。 …と、男性である紀貫之は、女性を装って「土佐日記」を書きました。 一方、私は女性が男性を装った「オジサンLINE」が大得意です。言語能力の無駄使い…贅沢な使い方…。 ちょっと宝の持ち腐れなので、好きなものを

紀貫之 するなり ⭐ LINK ✅ 紀貫之 するなり

Read more about 紀貫之 するなり.

6
7
8
9

Comments:
Guest
Make tomorrow another day and not today's sequel.
Guest

Most of us know how to say nothing, but few of us know when.

Guest
Forgiveness is like sunshine after a rainy day.
Calendar
MoTuWeThFrStSu