紀貫之 こしののみねの

紀貫之 こしののみねの

紀貫之 こしののみねの



ただし、古今和歌集で 「朱雀院の女郎花あはせ」の時の歌とされているもののうち、現存する 「亭子院女郎花合」に載っているものは三首のみ(上記の躬恒の 234番、忠岑の 235番、そして藤原時平の 230番)である。 この八首中三首という数は微妙であるが、一応 「朱雀院の女郎花あはせ ...

 · 紀貫之きのつらゆきは、『古今和歌集』の撰者や『土佐日記』の作者としても有名です。 朝廷での官位はあまり高くありませんでしたが、日本文学に多大な影響を及ぼした偉大な人物です。 今回は紀貫之を生んだ、名門紀氏の系図を見ていこうと思います。 紀貫之の先祖と子孫には誰がいる ...

紀貫之の短歌を掲載するページ ... 小倉山みね ... 白雲のいかにせよとかはるる時なき. 吉野川いはなみたかく行く水のはやくぞ人を思ひそめこし.

紀貫之家集已下據『歌仙歌集三』刊行年出版社校訂者等不明。解題云如已下自撰の集ありしこと後拾遺集大鏡などにみえたれど今のは少なくとももとのまゝにはあらざるべし

[870ころ~945ころ]平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。大内記・土佐守(とさのかみ)などを歴任。 紀友則(きのとものり)・凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)・壬生忠岑(みぶのただみね)と古今集の撰にあたり、仮名序を書いた。 著「土佐日記」、家集「貫之集」など。

延喜5年(905)年、紀貫之は、当時の帝である 醍醐天皇 の命で、勅撰和歌集(天皇の勅命によって編纂された歌集)の作成を命じられる。 この時、紀貫之と共に撰者に任命されたのが、歌人の 壬生忠岑 (みぶのただみね)と 凡河内躬恒 (おおしこうちのみつね)である。 3人は勅命に従い、『 古今和歌 ...

和歌といえば、『万葉集』や『百人一首』といったものがすぐに連想されます。また、それらとともに三十六歌仙というものも耳にすることが多いのではないでしょうか。 しかし、三十六歌仙のそれぞれの名前となると、すべてを挙げるのは難しいかもしれません。 そこで今回は、36人の代表 ...

思ひやる ・・・ 思いを馳せる (思ひ遣る) あなたのいる越の国の白山の様子は知りませんが、いつも思いを馳せているので、ひと夜も夢にそれを越えない日はありません、という歌。 「白山」を詠った歌の一覧は 383番の歌のページを参照。 この歌は次の藤原兼輔の歌と同じ 「越の白山 ...

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 壬生忠岑の用語解説 - 平安時代前期の歌人。三十六歌仙の一人。安綱の子で,忠見の父。六位摂津権大目。『惟貞親王歌合』『寛平御時后宮歌合』に出詠。『古今和歌集』の撰者の一人。延喜7 (907) 年宇多院の大井川行幸に供奉して和歌を詠んだ。

系譜. 甲斐国造家の壬生直の一族で 、従五位下・壬生安綱の子 、あるいはある木工允・壬生忠衡の子 の説があるが、『三十六人歌仙伝』では「先祖不見」とあり、『歌仙伝』の方が古体であることを考慮すれば、不明であるとするのが穏当とされる 。 子におなじく三十六歌仙の一人である ...

紀貫之 こしののみねの ⭐ LINK ✅ 紀貫之 こしののみねの

Read more about 紀貫之 こしののみねの.

6
7
8

Comments:
Guest
Marriage is like any other job--it's much easier if you like the boss.
Guest

Maybe the reason so many folks have their backs to the wall is that they have been putting up too much of a front.

Guest
No man who has caught a big fish goes home through an alley.
Calendar
MoTuWeThFrStSu