禁色 三島 由紀夫 感想

禁色 三島 由紀夫 感想

禁色 三島 由紀夫 感想



三島由紀夫は同性愛者として有名であり、なかでもそのことを書いた『仮面の告白』は代表作として知られ国語便覧などでも紹介されているが、しかし今回読んだ『禁色』もまた同性愛を描いた作品であり、しかも個人的にはコチラのほうがより傑作であると感じた。

三島 由紀夫『禁色』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約292件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

『禁色 (1964年) (新潮文庫)』(三島由紀夫) のみんなのレビュー・感想ページです(3レビュー)。

『禁色』(きんじき)は、三島由紀夫の6作目の長編小説。『仮面の告白』と並ぶ代表的な男色小説で、三島が20代の総決算として書いた作品である 。 女に裏切られ続けた老作家が、女を愛せない同性愛者の美青年と共謀して、女への復讐を企てる物語。 老作家の指示どおり動いていた青年が ...

Amazonで由紀夫, 三島の禁色 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。由紀夫, 三島作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また禁色 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 · 「三島由紀夫」といえば、連想されるのは右翼、筋肉、そして同性愛。大蔵省を23歳で辞職した三島は本作『仮面の告白』で作家としての地位を固めました。実質的な文壇デビューを果たした作品のテーマが同性愛とは、これだけで十分センセーショナル。

 · 三島由紀夫と東大全共闘。50年前の伝説の討論会が映画化 1969年5月に東京大学駒場キャンパスで行われた三島由紀夫と東大全共闘の討論会。伝説といわれる討論会の一部始終に三島についての証言も加えたドキュメンタリー映画です。 討論会の様子だけでなく、三島と関わりのあった人達が人間 ...

禁色 三島 由紀夫 感想 ⭐ LINK ✅ 禁色 三島 由紀夫 感想

Read more about 禁色 三島 由紀夫 感想.

6
7
8
9
10

Comments:
Guest
There are many ways of going forward, but there is only one way of standing still.
Guest

In the good old days, Uncle Sam lived within his income...and without most of ours.

Guest
To think too long about doing something often becomes its undoing.
Calendar
MoTuWeThFrStSu