禁色 三島 由紀夫 感想

禁色 三島 由紀夫 感想

禁色 三島 由紀夫 感想



『禁色 (新潮文庫)』(三島由紀夫) のみんなのレビュー・感想ページです(179レビュー)。

三島 由紀夫『禁色』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約307件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

 · 今月25日で三島由紀夫の没後50年である。 三島由紀夫といえば「同性愛」のイメージがつきまとうが、その中でも『禁色』(きんじき)という作品は、同性愛をテーマにしながらエンターテイメント的にも非常に面白い作品である。 同性愛をテーマにした小説で、この作品ほどスリリングで ...

禁色 三島由紀夫 6. Reina 2020/01/29 22:12. とある老作家 檜が 女性を愛する事の出来ない美青年 悠一を 作品として利用し 自らが果たせなかった愛に復讐を企てるという話 ... 読書感想文 53,741件 #読書 #読書感想文 #三島由紀夫 ...

昨年末から営々と読み続けていた三島由紀夫の『禁色』(新潮文庫)を昨夜、漸く読了したので、感想の断片を書き留めておく。 優れた小説は、単純明快な一つの物語の筋によっては構成されず、単一の包括的な原理によって一義的に支配されることもない。

『禁色』(きんじき)は、三島由紀夫の6作目の長編小説。『仮面の告白』と並ぶ代表的な男色小説で、三島が20代の総決算として書いた作品である 。 女に裏切られ続けた老作家が、女を愛せない同性愛者の美青年と共謀して、女への復讐を企てる物語。 老作家の指示どおり動いていた青年が ...

三島由紀夫の”禁色”を読んだことがある方に質問です。感想を出来ればかんけつにお願いします。長く書きたいと思えばそれでも構いません。 面白いかそうでないかで言えば面白いですし退屈だとか分からな過ぎて読めないってこ...

三島由紀夫の禁色の続編があると聞いたのですが 本当ですか?もしあるのであらばタイトルを教えてください。後、もし読まれた方がいらっしゃいましたら軽くでいいんで感想を教えてください。(私、禁色すら読み終わっていま...

禁色 三島 由紀夫 感想 ⭐ LINK ✅ 禁色 三島 由紀夫 感想

Read more about 禁色 三島 由紀夫 感想.

6
7
8
9
10

Comments:
Guest
There are many ways of going forward, but there is only one way of standing still.
Guest

In the good old days, Uncle Sam lived within his income...and without most of ours.

Guest
To think too long about doing something often becomes its undoing.
Calendar
MoTuWeThFrStSu