石川 淳 鷹

石川 淳 鷹

石川 淳 鷹



石川 淳『鷹』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約13件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

Amazonで石川 淳の鷹 (講談社文芸文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。石川 淳作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また鷹 (講談社文芸文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

鷹: 著者名: 著:石川 淳: 発売日: 2012年04月12日: 価格: 定価 : 本体1,300円(税別) isbn: 978-4-06-290157-4: 判型: a6: ページ数: 256ページ: シリーズ: 講談社文芸文庫: 初出 「増補 石川淳全集」第4巻(1974年5月、筑摩書房刊)を底本とし、多少ふりがなを調整。

 · 【無料試し読みあり】鷹(石川淳):講談社文芸文庫)「万人の幸福のために」もっと上等のたばこをつくりたい、そう考えたために国助は専売公社を追われた。ある日、巷の古ぼけた食堂で見知らぬ男に声をかけられ運河のほとりの秘密たばこ工場に雇われる。

「鷹」は1953年に『群像』に発表された石川淳の小説。 石川はこのとき、54歳である。 幻想的な小説である。 主人公である「国助」の一人称の語りで描かれる。 国助はたばこの専売公社につとめ、たばこの研究を仕事にしていた。

石川淳著 「鷹」 講談社 昭和28年初版カバー帯背少日焼け。古書店値札剥がし跡有り。帯に坂口安吾氏評。古本ですので画像を参考に入札をお願いいたします。

石川 淳(いしかわ じゅん、1899年(明治32年)3月7日 - 1987年(昭和62年)12月29日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家。東京府浅草区生まれ。無頼派、独自孤高の作家とも呼ばれ、エッセイでは夷斎と号し親しまれた。本名淳(きよし)。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 石川淳の用語解説 - [生]1899.3.7. 東京[没]1987.12.29. 東京小説家。 1920年東京外国語学校仏語科卒業。アナトール・フランスの『赤い百合』,アンドレ・ジッドの『背徳者』『贋金づくり』『法王庁の抜け穴』,モリエールの『人間嫌い』などの訳業に従事 ...

 · 著者「石川淳」のおすすめランキングです。石川淳のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:作家「2020年 『石川淳随筆集』 で使われていた紹介文から引用し…

 · 石川淳の革命的小説『鷹』 1953年に書かれた『鷹』も、当時の雰囲気が濃厚に漂う石川淳の作品です。 たばこの専売公社に勤めていた国助は「万人の幸福のためにもっとも上等のたばこをつくり出したい」と思ったためにクビにされてしまいます。

石川 淳 鷹 ⭐ LINK ✅ 石川 淳 鷹

Read more about 石川 淳 鷹.

7
8
9
10
11

Comments:
Guest
All the world's a stage, but most of us are stagehands.
Guest

Do all you can and trust God to do what you cannot.

Guest
If the grass is greener in the other fellows yard, let him worry about cutting it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu