石川 淳 マルス の 歌

石川 淳 マルス の 歌

石川 淳 マルス の 歌



 · 声高に語れなかった思想が霞の向こうに見えてくる 「わたし」の部屋に入ってきて 泣き出した従妹の帯子。 訳を聞くと、 姉の冬子が死んだのだという。 冬子・帯子姉妹は 性格が対照的な二人だった。 「わたし」は帯子とともに 冬子の葬儀に赴くが、 その席上、 夫の三治に召集令状が届く…。

石川淳「マルスの歌」は、今からおよそ七十五年前の日中戦争下、 『文學界』一九三八年一月号に発表され、《反軍又ハ反戦思想ヲ醸成 セシムル虞アリト認メラルルニ因リ ⑴ 》発売禁止処分を受けた。

石川淳「マルスの歌」試論 杉浦 晋 稿本近代文学 13, 102-113, 1989

マルスの歌」論 「冬子」の「真似」と「わたし」の「思想」 』これに対して、「マルスの歌』(発表は昭和十三年一月『文学 界』であるが、前年の十二月に書き上げられていたということ を作家自身が「無意識の選択」s文学的立場」昭和四十七・四

Title 石川淳『マルスの歌』論 : 石川初期作品における基本構造と成立事情をめぐって Sub Title Isitawa Jun's 'Marusu no Uta' with reference to the basic structure and background of his early work Author 中平, 仁孝(Nakahira, Hirotaka) Publisher 慶應義塾大学藝文学会 Publication year 1997

 · アメリカ人研究者、モリソン先生による連載第4回は、「マルスの歌」「佳人」等の作品で知られる文豪、石川淳についての講義! アカデミックな作家論の一部を垣間見れる、濃い内容になって …

石川 淳(いしかわ じゅん、1899年(明治32年)3月7日 - 1987年(昭和62年)12月29日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家。 東京府 浅草区生まれ。 無頼派、独自孤高の作家とも呼ばれ、エッセイでは夷斎と号し親しまれた。 本名淳(きよし)。

 · そこで石川淳は小説『マルスの歌』を書いて戦争を批判したが、軍国日本の検閲は、『反戦思想』を理由としてその本の刊行を禁じた。 今(2005年)の東京にはまだ軍歌が流れているわけでは …

石川淳『マルスの歌』は、新潮文庫版「焼跡のイエス 処女懐胎」に入っているけれど、絶版、かな。あまりきちんと調べてはいないが他にも入ってるものはいくらでもあるだろう。眠さには勝てない。

[mixi]石川淳 企画提案「朗読『マルスの歌』の放送を!」 ラジオでもいい、テレビでもいい、石川淳さんの「マルスの歌」を朗読する番組をやってくれないものか。まさか、今の時代に、嘗ての発禁反戦小説を朗読しても、「発禁」「放送禁止」の措置はとられやしないだろう。

石川 淳 マルス の 歌 ⭐ LINK ✅ 石川 淳 マルス の 歌

Read more about 石川 淳 マルス の 歌.

3
4
5
6

Comments:
Guest
People with patience put up with people they'd rather put down.
Guest

Another reason you can't take it with you--it goes before you do.

Guest
An obstacle may be either a stepping stone or a stumbling block.
Calendar
MoTuWeThFrStSu