火野 葦平 論

火野 葦平 論

火野 葦平 論



火野葦平論 (〈海外進出文学〉論)/池田 浩士(小説・文学) - 戦前・戦中・戦後、この3つの時代を表現者として生きた火野葦平。その作品を通して戦争・戦後責任を考え、海外進出の20世紀という時代を読む。火野...紙の本の購入はhontoで。

 · 火野葦平論 - 池田浩士 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

戦前・戦中・戦後、この三つの時代を表現者として生きた火野葦平。彼の作品を通して戦争・戦後責任を考え、海外進出の20世紀という時代を読む。本書は、火野葦平再評価の幕開けであり、同時に「いま」への根底的な問いである。

火野 葦平(ひの あしへい、1907年(明治40年)1月25日 - 1960年(昭和35年)1月24日)は、昭和戦前・戦後期の小説家。本名玉井 勝則。

「海外進出文学」論の第1部として出されたこの本の後に、第2部、第3部が用意されていると思うと、今から胸がワクワクする。」(川村湊・『毎日新聞』文芸時評「今月の推薦」2000年12月) isbn 4-7554-0087-2 序 章 なぜいま火野葦平か? 6

火野葦平論 [海外進出文学]論 第Ⅰ部 ¥ 3,500 池田浩士著 、インパクト出版会 、平12 、566頁 、A5判

古本・古書検索最大級の通販サイト 日本全国900軒の古書店、古本屋が参加 書籍データ600万件超 随時更新中 絶版書や探していた珍しい本・資料が見つかる買える!

火野 葦平 論 ⭐ LINK ✅ 火野 葦平 論

Read more about 火野 葦平 論.

3
4
5
6
7
8

Comments:
Guest
Grandchildren are God's way of compensating us for getting old.
Guest

If the grass is greener in the other fellows yard, let him worry about cutting it.

Guest
Drivers' licenses do not revoke walking privileges.
Calendar
MoTuWeThFrStSu