清少納言 鳴門

清少納言 鳴門

清少納言 鳴門



流浪の旅に出た清少納言が鳴門市の里浦に流れ着いたという伝承があります。清少納言の墓碑がある「天塚堂」と、毎月10日の講義を行う「清少庵」は、観音寺から北へ約750mのところにあります。

徳島県鳴門市里浦町にある観音寺は、千年の昔から「百花の王」と称えられたボタンが咲き誇る清少納言の祈願寺です。霊園もあり、永代供養も承っております。

清少納言の墓が徳島県鳴門市里浦町にあります。地元に残る伝説によると、夫と離婚後に仕えた中宮定子が死亡したあと、宮仕えをやめ、京都から鳴門へやってきました。しかし、地元の漁師に辱めを受け、これを悲しんだ清少納言は海に身を投げて自殺したというのです。

【あまづか】あま塚は、鳴門の海岸近くの路地裏にひっそりとある。案内板はあるが、自動車で進入するのをためらうような場所にある。案内板によると、このあま塚と呼ばれるお堂には、清少納言の墓が安置されている。地元の言い伝えでは、清少納言はこの地で亡くなったという。

そこから清少納言ゆかりの観音寺を見学し、路線バスでJR鳴門駅に。 昼食は3コースとも地元B級グルメの「鳴ちゅるうどん」を味わう。 詳しくは鳴門市うずしお観光協会 電話088―684―1731へ。 四国徳島 旅のおすすめサイト. 阿波ナビ【徳島県】

清少納言 鳴門 ⭐ LINK ✅ 清少納言 鳴門

Read more about 清少納言 鳴門.

7
8
9
10

Comments:
Guest
If God shuts one door, He opens another.
Guest

A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.

Guest
Happiness is nothing more than health and a poor memory.
Calendar
MoTuWeThFrStSu