江戸川 乱歩 妖虫

江戸川 乱歩 妖虫

江戸川 乱歩 妖虫



『妖虫』(ようちゅう)は、江戸川乱歩作の長編スリラー探偵小説である。発表は1933年から1934年。本格的な謎解きよりも耽美・怪奇色が濃い。ここで言う「妖虫」は、昆虫ではなく赤いサソリ の事である。

Amazonで江戸川 乱歩の妖虫 (江戸川乱歩文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。江戸川 乱歩作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また妖虫 (江戸川乱歩文庫)もアマゾン配送商品なら通常 …

Amazonで江戸川乱歩, 落合教幸の妖虫 (江戸川乱歩文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。江戸川乱歩, 落合教幸作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また妖虫 (江戸川乱歩文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

妖虫 相川珠子は東京で一二を競う美貌の持ち主、その兄は探偵好きの大学生だった。その平和な家庭に突然、災いが降りかかる。大女優春川月子を惨殺した「赤いサソリ」が、魔の手を珠子に伸ばしてきたのだ。神出鬼没の殺人鬼に対する名探偵三笠竜介は再三、苦汁を呑まされる。

江戸川乱歩[エドガワランポ] 明治27年10月21日三重県に生まれる。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。

日本のミステリー小説を語る際に欠かすことができない作家、江戸川乱歩。 1925年に春陽堂が刊行した『心理試験』は、「二銭銅貨」や「d坂殺人事件」といった 初期作品を収めた、乱歩にとってはじめての創作集でした。 それ以来、春陽堂と乱歩の

江戸川 乱歩 妖虫 ⭐ LINK ✅ 江戸川 乱歩 妖虫

Read more about 江戸川 乱歩 妖虫.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
There are many ways of going forward, but there is only one way of standing still.
Guest

Gentleness and kind persuasion win where force and bluster fail.

Guest
There is no great success without great commitment.
Calendar
MoTuWeThFrStSu