東浩紀 安部公房

東浩紀 安部公房

東浩紀 安部公房



評論集。安部公房の「砂漠の思想」と並走して読んだのだが、安部公房とこの本の著者である東浩紀は共通の着眼点を持っていることに気づいた。それは「sf」、「幽霊」、「観光」そして「満州」だ。

「死に急ぐ鯨たち」安部公房 新潮文庫 1991(1986刊行本の文庫化) 動物は「本能」で動いてゐる。本能は「閉じたプログラム」である。 人間は「ことば」という概念把握能力を獲得したことによって、この「閉じたプログラム」を開いてしまった。

 · 東浩紀『存在論的、郵便的』 には、この思想が詳しく論じられています。 このような脱構築の思想が、日本では 柄谷行人 、 浅田彰 ら ニュー・アカデミズム によって導入されました。

安部公房の『燃えつきた地図』を読みました。. 安部公房で最も有名なのは『砂の女』でしょうか。. あとは、『壁』『箱男』『他人の顔』なども知名度は高いかな。 (ちなみに私は、「水中都市」「デンドロカカリヤ」の2作品がとても好きです)

1959年生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。第1回〜6回jlpp企画委員。83年読売新聞社に入社。91年から文化部記者として文藝を主に担当。長く文芸担当記者を務め、安部公房、吉行淳之介、中上健次など多くの作家にインタビューを行う。

 · 実存主義文学の作家としては、 サルトル や カミュ 、 カフカ 、 安部公房 、 大江健三郎 、 開高健 らがいます。 いずれも、フランスや日本の戦後で活躍しました。 こういった作家たちのテクストを読むためには、ある程度、実存主義の知識が必要となるでしょう。

22 「存在の耐えられない軽さ」 ミラン クンデラ 72 「燃えつきた地図」 安部公房 23 「ペスト」 カミュ 73 「壁」 安部公房 24 「太平洋の防波堤」 マルグリット デュラス 74 「風の歌を聴け」 村上春樹 25 「伝奇集」 ボルヘス 75 「ねじまき鳥クロニクル ...

安部公房は全部読んでますよ。砂の女は二番目に読んだ本ですね、「壁」の次に。 「壁」は殆どギャグみたいな短編集で、その後の安部の方向性とは全然違いますが。 麻布には中三で文学作品についての作 …

ハヤカワsfコンテスト(2012年〜) 2010年2月、『sfが読みたい! 2010年版』で18年ぶりの再開が予告され、〈s-fマガジン〉2012年10月号で正式に告知された。 新しい賞は中黒点をとった『ハヤカワsfコンテスト』として「第1回」からの開始となる。

【憲法案】東浩紀527【麻雀卓】 254 : 考える名無しさん :2012/07/18(水) 00:15:31.84 0 海外大手サイトgoodreadsの読者が選ぶ「日本の小説ベスト100」

東浩紀 安部公房 ⭐ LINK ✅ 東浩紀 安部公房

Read more about 東浩紀 安部公房.

4
5
6
7
8

Comments:
Guest
One today is worth two tomorrows.
Guest

One-third of the people in this country promote, while the other two-thirds provide.

Guest
Drivers' licenses do not revoke walking privileges.
Calendar
MoTuWeThFrStSu