村上 龍 評価

村上 龍 評価

村上 龍 評価



選考委員 村上龍 59歳: 候補: 評価: 行数: 評言 「今回は全体的に低調だったので、わたしを含めた選考委員の、「否定的な意見」のほうに説得力があった。」「選考会自体、激しいやりとりがなく、緊張感が薄かった。」 選評出典:『文藝春秋』平成23年/2011 ...

芥川賞受賞作家・村上龍(むらかみ・りゅう)の略歴や、候補作に対する選評の一部などをまとめています。 ... 「この数年のこの賞の候補作の中で、その資質は群を抜いており、一方作品が中途半端な評価しかできないので、困った。 ...

村上 龍(むらかみ りゅう、1952年 2月19日 - )は、日本の小説家、映画監督、脚本家。 血液型はo型。 長崎県 佐世保市出身。 武蔵野美術大学在学中の1976年、麻薬とセックスに溺れる自堕落な若者たちを描いた『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。

『ピアッシング』(村上龍) のみんなのレビュー・感想ページです(15レビュー)。作品紹介・あらすじ:ニードルが乳首を貫くとき、美と勇気は現れる。惨劇は、殺人衝動を持つ男と、自殺願望を持つ女が出会った夜に始まる。誰の心にも潜む、もうひとりの自分が引き起こす壮絶なサイコスリラー。

『トパーズ (角川文庫)』(村上龍) のみんなのレビュー・感想ページです(135レビュー)。作品紹介・あらすじ:風俗嬢…。高層ホテルの窓ガラスに裸の胸を押しつけ、トパーズの指輪を見つめ、大理石のロビーを彼女たちは行く。そして、都市の光景を、サディズムとマゾヒズムの接点を行き交い ...

村上龍の作品にぶちこまれた圧倒的な情報量が僕たちの身体に具体的に作用するからだ。 村上龍の小説を読むことで僕たちは汗や涙やその他いろいろな体液を垂れ流し、体温を上下させ、空腹や渇きを感じ、吐き気を催す。

芥川賞作家であり、時事問題への言及も多いため、社会的な影響力も高い、村上龍さん。 今回は、そんな村上龍さんのことをチェックしていきたいと思います。 村上龍さんとは、はたして、どのような経歴をたどってきた作家だったのでしょうか。 さて、村上龍さんといえば、社会性の多い ...

村上春樹と村上龍は、現代文学を代表する作家であり「w村上」とも呼ばれたりもします。村上春樹が1949年生まれで、村上龍が1952年生まれなので、二人は兄弟と思われている場合も多いですが、全く血縁関係はありません。しかし二人は学生時代から交流があり、対談集『ウォーク・ドント ...

村上龍の初期作におけるドアーズとの関係性を考えてみよう。 扉の向こうで戦争が 『限りなく透明に近いブルー』は、まだベトナム戦争が終わっていなかった70~72年に、龍が米軍基地のある福生で暮らした過去をベースに書いたデビュー作だ(ベトナム ...

村上龍さんの作品は僕も何個か読みました。 「限りなく透明に近いブルー」は、麻薬問題を小説にしていてとても面白かったです。「69」も、1969年当時のことをありのままに書いてあって、村上龍さんの作品はどれも面白かったです。

村上 龍 評価 ⭐ LINK ✅ 村上 龍 評価

Read more about 村上 龍 評価.

6
7
8
9

Comments:
Guest
A handful of patience is worth more than a bushel of brains.
Guest

Maybe people should swap problems-- Everyone, it seems, knows how to solve the other guy's.

Guest
If you don't know where you are going, any road will get you there.
Calendar
MoTuWeThFrStSu