村上 春樹 jazz

村上 春樹 jazz

村上 春樹 jazz



Portrait In Jazz の中の 村上春樹さんの文章は、一流の作家らしく詩的で、内容は内省的なものが多いです。 でも、このウエス・モンゴメリーのコメントは、モロにジャズ評論家村上春樹!という感じがして、私は大好きです。

『村上ソングズ』 和田誠(絵・エッセイ)と共著 中央公論新社(2007年12月)「村上春樹翻訳ライブラリー」シリーズに収録(2010年11月):歌詞の翻訳と和田誠の挿絵が中心の楽しい一冊。

Amazonで和田 誠, 村上 春樹のポートレイト・イン・ジャズ (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。和田 誠, 村上 春樹作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またポートレイト・イン・ジャズ (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 · *キャッチ画像は村上春樹氏に属するものです [ad#co-1] 村上春樹という作家は音楽と共にある作家です。 その多くの作品に音楽が出てきますし、「ノルウェイの森」「中国行きのスロウボート」などタイトルそのものが音楽のタイトルになっている作品もあります。

 · 村上春樹と言えばジャズです。村上さんはエッセイ本を書くほどの生粋のジャズ好き。その中でも特に愛しているのがスタン・ゲッツです。ジャズの天才奏者と言われた彼の人生は?おすすめ曲は?村上作品に出てくる曲など紹介します。

村上春樹さんの文学の才能に異論を唱える方は少ないと思いますが、ディスクジョッキーとしての才能に耳を傾けて頂ければ、まさか、1回でこの企画を終わらせるわけないよね、と、みなさまも音楽の神様の「声」聴こえるのではないかなあと思います。

先週に引き続いて村上春樹の「ジャズ喫茶を歩く 東京編」を掲載します。1970年代の東京のジャズ喫茶を村上春樹と一緒に早稲田から新宿、吉祥寺と歩きました。

 · [ad#co-1] 村上春樹に「村上ソングズ」という本があります。 ソングズですから、歌詞のある曲ですね。 3分の1くらいがジャズ曲で、あとはロック、ポップスなど。 うち12曲がアメリカの雑誌「エスクァイア」に連載されたそうです。 すごいですねぇ。

 · Casa BRUTUS特別編集ムック「音のいい部屋。」で村上春樹さんの音のいい部屋にお邪魔しました。壁一面レコードに囲まれた自宅の書斎で、レコードへの思いをたっぷり語ってもらいましたが、紙幅の都合でどうしても掲載できななかったのがレコードディガーとしての村上さん。

村上 春樹 jazz ⭐ LINK ✅ 村上 春樹 jazz

Read more about 村上 春樹 jazz.

7
8
9
10
11
12

Comments:
Guest
There is one art of which man should be master--the art of reflection.
Guest

When high school kids wear rags today, we call it self-expression--When I was young and dressed this way, we called it the Depression.

Guest
Forget the troubles that passed away, but remember the blessings that come each day.
Calendar
MoTuWeThFrStSu