有島 武郎 実験 室

有島 武郎 実験 室

有島 武郎 実験 室



『実験室』(じっけんしつ)は、有島武郎の小説。1917年(大正6年)、雑誌『中央公論』9月号に発表された。

実験室 : 外六篇 著者 有島武郎 著 出版者 春陽堂 出版年月日 昭和9 シリーズ名 春陽堂文庫 ; 112. 有島武郎小全集 ; 第2巻 請求記号 特263-358 書誌id(国立国会図書館オンラインへのリンク) 000000655188 doi 10.11501/1109899 公開範囲 インターネット公開(保護期間満了)

『実験室』(じっけんしつ)は、有島武郎の小説。1917年(大正6年)、雑誌『中央公論』9月号に発表された。. あらすじ [編集]. 亡くなった妻・y子の死因を「急激な乾酪性肺炎」と院長たちに判断されていることに疑問を抱く三谷は、自らの考えを証明するために彼女を解剖しようと考える。

『実験室』試論--科学者が〈愛〉に目覚めるとき (特集=有島武郎--作家と作品) -- (有島武郎の作品) 渡邉 千恵子 国文学 72(6), 155-162, 2007-06

有島 武郎【著】 筑摩書房: 2001.8.10: ことばの織物 : 短篇小説珠玉選: 阿毛久芳 他編: 蒼丘書林: 1990.3: 宣言: 有島武郎 著: 東方社: 1956: 星座・生れ出る悩み・実験室: 有島武郎 著: 改造社: 昭和8: 有島武郎全集 第9巻: 有島武郎著: 叢文閣: 大正13-14: 有島武郎全集 ...

有島武郎の「実験室」(大正6.9「中央公論」)にはこの問題に示唆するテーマが扱われている.主人公は片目の若い医師である.科学者であるから,当然のことながら,理性的に行動しようとする.この作品では,その行動は最後に復讐されている.だが ...

『実験室』一篇を有島の贖罪意識の記録として見る私の読解は、作品構成と作家の心的体験の対応関係に即きすぎて図式化の弊に陥っているかも知れないが、少なくとも、「『実験室』は、そのモチーフの半面において〈生の苦痛〉の主体性が乏しかった ...

有島 武郎 実験 室 ⭐ LINK ✅ 有島 武郎 実験 室

Read more about 有島 武郎 実験 室.

7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Nature is the art of God.
Guest

Some people have eyes that see not and ears that hear not, but never tongues that talk not.

Guest
Happiness is nothing more than health and a poor memory.
Calendar
MoTuWeThFrStSu