方舟さくら丸 安部公房

方舟さくら丸 安部公房

方舟さくら丸 安部公房



Amazonで公房, 安部の方舟さくら丸 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。公房, 安部作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また方舟さくら丸 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通 …

『方舟さくら丸』(はこぶねさくらまる)は、安部公房の小説。1984年11月、新潮社より〈純文学書き下ろし特別作品〉として刊行された。もともとは『志願囚人』という題で執筆されていたが、ワードプロセッサー導入以後に改められている。短編『ユープケッチャ』はこの作品のプロローグに当たる。

『方舟さくら丸 (新潮文庫)』(安部公房) のみんなのレビュー・感想ページです(74レビュー)。作品紹介・あらすじ:地下採石場跡の巨大な洞窟に、核シェルターの設備を造り上げた。「生きのびるための切符」を手に入れた三人の男女ととの奇妙な共同生活が始まった。

安部公房 『方舟さくら丸』 安部公房の 「方舟さくら丸 j は、 一 九八四年― 一 月に全編書き下 ろしとして発表された 。 前作 「密会 」(-九七七年― 二 月)から約 七年ぶりの長編小説ということになる 。 安部は 「密会 j を書き上げ 一ー)

核の時代を生きのびるとは、どういうことなのか。黒い笑いと皮肉にあふれる安部公房(こうぼう)『方舟(はこぶね)さくら丸』。冷戦後の今 ...

2回目読了。やはり安部公房作品は期待を裏切らない。いや正直なところ他の好きな作品に比べると必ずしも上位に来るわけではないが、やはり公房故の着眼点は流石である。あえて難を言えば終盤の急展開…登場人物が急増してからの雑多な印象は残ってしまった。

方舟さくら丸 安部公房 ⭐ LINK ✅ 方舟さくら丸 安部公房

Read more about 方舟さくら丸 安部公房.

3
4
5

Comments:
Guest
The biggest problem with perfection is what to do with all the unused erasers
Guest

All the world's a stage, but most of us are stagehands.

Guest
Better to be square than to move in wrong circles.
Calendar
MoTuWeThFrStSu