文章 読本 谷崎 潤一郎

文章 読本 谷崎 潤一郎

文章 読本 谷崎 潤一郎



Amazonで谷崎 潤一郎の文章読本 (中公文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。谷崎 潤一郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また文章読本 (中公文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送 …

谷崎潤一郎の文学作品を読むたびに、中身の面白さは勿論のこと、その美しい流れるような文章に感銘を受ける。 この「文章読本」を読むと、谷崎がいかに苦心して文章を書いているかが推察される。

『文章読本』(ぶんしょうどくほん)は、谷崎潤一郎が読者向けに文章の書き方、読み方を分かりやすく記した文章講座の随筆集。川端康成や三島由紀夫をはじめ、他の作家も同じタイトルを踏襲した文章講座をそれぞれ出版している。本項ではおもに谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫の『文章読本』について述べる。

谷崎潤一郎著『文章読本』を今日は取り上げてみようと思います。『春琴抄』や『陰翳禮讚』で知られる小説家・谷崎潤一郎が昭和9年に書いた本なのに、今も全く色褪せることなく、書き方の本質を学ぶことが出来る良書でした。今回はこの本をもとに「良い文章を書くためにはどうすれば ...

谷崎潤一郎全集 第二十一巻 中央公論社 谷崎潤一郎. 文章読本. このサイトの「前書き・後書き」のなかで、谷崎潤一郎の新々訳源氏物語にある「前書き」に相当する部分について書いた。 谷崎には「文章読本」という著作があり、読んでみたいと書いたが、早速読んでみたので、それについて ...

【キーワード】 谷崎潤一郎,『文章読本』,文章論,芸術的言語論,Wilhelm von Humboldt 谷崎潤一郎(1886-1965)といえば,『痴人の愛』, 『春琴抄』,『細雪』などの小説や,随筆『陰翳礼讃』, そして『源氏物語』の現代語訳などの作品によってそ

文章の書き方の指南書 手番中の定番です 「文章読本」のさきがけ! 「文章読本」というタイトルの書籍は、多数の作家が手がけています。 1934年、谷崎潤一郎による『文章読本』刊行され、その後、他の作家による「文章読本」が次 […]

文章読本. 吉行淳之介 選/日本ペンクラブ 編. 名文とは何か――。谷崎潤一郎から安岡章太郎、金井美恵子まで、二十名の錚々たる作家が綴る、文章術の極意と心得。

名だたる作家や評論家たちが『文章読本』を著してきたが、その元祖にあたるのがこの谷崎潤一郎版の『文章読本』である。一般読者向けに書いたと本人が言っているように内容は平明となっている。文章を書くうえで現代でも参考になる点は非 […]

そして、その3冊がどれも『文章読本』という名前だからおもしろい(1冊だけ『新文章読本』ですが)。 そして、書いたのは川端康成・三島由紀夫・谷崎潤一郎と、日本が誇る天才作家たち。

文章 読本 谷崎 潤一郎 ⭐ LINK ✅ 文章 読本 谷崎 潤一郎

Read more about 文章 読本 谷崎 潤一郎.

6
7
8
9

Comments:
Guest
Elbow grease gives the best polish.
Guest

Gossip: letting the chat out of the bag.

Guest
We never miss the music till the sweet-voiced bird has flown.
Calendar
MoTuWeThFrStSu