散逸構造 鴨長明

散逸構造 鴨長明

散逸構造 鴨長明



 · ― 鴨長明 ― 定めなきが世の定めだろうか。 ... の散逸に伴って生じる動的な構造、即ち、プリコジンのいう散逸構造ということになる。散逸構造とは、例えば、温度勾配の中に生じる流体の渦のようなものである。 ...

散逸構造(dissipative structure)とは、熱力学的な概念ですが、散逸構造の本質は誰でも理解し、知っていることです。 エネルギーや エントロピー など熱力学の用語を使って説明すると、かえって難しくなるだけのことです。

鴨長明も、当然、論語を読んでいたと考えられるが、世の無常をさらに見事に謳いあげた方丈記の冒頭の部分について、川の流れを、まずは時間の流れではなく、エネルギーの流れと解して、熱力学的な考察を試みてみよう。 ... 散逸構造と平衡構造 ...

この概念は、鴨長明の『方丈記』の冒頭文、「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとゞまりたるためしなし。世中にある、人と栖(すみか)と、又かくのごとし。

[35] g. ニコリス・i. プリゴジン著 小畠陽之助・相沢洋二訳 (1980) 『散逸構造 : 自己秩序形成の物理学的基礎』 (原著の直訳のタイトルは『非平衡系における自己秩序形成』1977年) 岩波書店.

蓮田善明(はすだ ぜんめい、1904~1945年)は『鴎外の方法』『本居宣長』『鴨長明』などの著書のある国文学者、文芸評論家で、『文藝文化』を創刊し日本浪曼派として活躍。三島由紀夫に大きな影響を与えたことで知られる。

また、鴨長明の「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。」という直感は非常に正しい認識であったと思います …

また、鴨長明の「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。」という直感は非常に正しい認識であったと思います …

『徒然草』には、こうした生命の無常を説くところがいたるところにあり、その作品構造の枠組みが、こうした無常思想にあることを物語っているのであって、『徒然草』が無常観の文学といわれてきたのも当然のことであろう。

※本稿はニンジャ学会誌893号掲載の論文を、投稿規定に基づき半年以上の経過後に公開したものです Ninja-soul and Entropy NJRecalls開発チーム @NJRecalls * ニンジャスレイヤー1)世界中のいわゆる「ニンジャソウル」については、作中記述からなんらかの情報量を持つ存在であることが示されている。

散逸構造 鴨長明 ⭐ LINK ✅ 散逸構造 鴨長明

Read more about 散逸構造 鴨長明.

10
11
12

Comments:
Guest
People who fight fire with fire usually end up with ashes.
Guest

Anyone who thinks there's safety in numbers hasn't looked at the stock market pages.

Guest
It is better to know some of the questions and all the answers.
Calendar
MoTuWeThFrStSu