忍ぶれど色に出でにけり 紀貫之

忍ぶれど色に出でにけり 紀貫之

忍ぶれど色に出でにけり 紀貫之



 · 【しのぶれど色に出でにけりわが恋はものやおもふとひとのとふまで】小倉百人一首から、平兼盛の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について解説しました。また、くずし字・変体仮名で書かれた江戸時代の本の画像も載せております。

紀貫之: 36: 夏の夜は まだよひながら 明けぬるを 雲のいづこに 月やどるらむ ... しのぶれど 色に出でにけり わが恋は ものや思ふと 人の問ふまで ... 玉の緒よ 絶なば絶えね ながらへば 忍ぶることの よわりも …

小倉百人一首の歌人の短歌・和歌集では、小倉百人一首の登場人物である平兼盛の歌「忍ぶれど色に出でにけりわが恋は ものや思ふと人の問ふまで」の意味を、現代語訳として解説・紹介しています。

<39> 浅茅生(あさぢふ)の小野の篠原忍ぶれどあまりてなどか人の恋しき(源等) <40> 忍ぶれど色に出でにけりわが恋はものや思ふと人の問ふまで(平兼盛) <41> 恋すてふわが名はまだき立ちにけり人知れずこそ思ひそめしか(壬生忠見)

君こふる涙しなくは唐衣むねのあたりは色もえなまし(古今572) 題しらず. 世とともに流れてぞ行く涙川冬もこほらぬみなわなりけり(古今573) 同. 夢ぢにも露やおくらむ夜もすがらかよへる袖のひちてかわかぬ(古今574) 【語釈】 夢ぢ 夢の中で辿る道。

秋風の 吹きにし日より 音羽山 峰の梢も 色づきにけり 紀貫之 0257 白露の 色はひとつを いかにして 秋の木の葉を ちぢに染むらむ ... 見る人も なくて散りぬる 奥山の 紅葉は夜の 錦なりけり 紀貫之 0298

また、この 「なぞ(何ぞ)」は、382番と 615番の歌に出てくる 「なにぞ」と同じ言葉である。 似たような言葉に 「など/などか」というものもあり、その一覧については 155番のページを参照。 「まだき」という言葉を使った歌の一覧は 763番の歌のページを、「うつろふ」という言葉を使った ...

【語釈】 誰(た)が秋にあらぬものゆゑ 秋は誰かのものでなく、誰にでも訪れるものであるのに。「秋」には「飽き」の意が掛かり、「誰かに飽きられたわけでもないのに」の意を帯びる。「ものゆゑ」は逆接の接続助詞。 女郎花 オミナエシ科の多年草。秋の七草の一つ。

忍ぶれど色に出でにけりわが恋は 物や思ふと人の問うまで 平兼盛 【出典:拾遺和歌集】 03 男の恋 (21) 今来んと頼めしことを忘れずは この夕暮れの月や待つらん 藤原秀能 【出典:新古今和歌集】

百人一首の紹介をしています。ここでは百人一首の和歌を番号順に一覧にして紹介しています。また、和歌番号順に調べることが出来る他にも、作者別や上の句・下の句の50音順や、季節の歌なども検索して調べることが出来ます。

忍ぶれど色に出でにけり 紀貫之 ⭐ LINK ✅ 忍ぶれど色に出でにけり 紀貫之

Read more about 忍ぶれど色に出でにけり 紀貫之.

8
9
10
11

Comments:
Guest
If you're looking for a long rest, be on time for an appointment.
Guest

Always hold your head up, but keep your nose at a friendly level.

Guest
If the grass is greener in the other fellows yard, let him worry about cutting it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu