川端 康成 japan the beautiful and myself

川端 康成 japan the beautiful and myself

川端 康成 japan the beautiful and myself



『美しい日本の私―その序説』(うつくしいにほんのわたし――そのじょせつ)は、川端康成の評論。1968年(昭和43年)12月10日、日本人として初のノーベル文学賞を授与された川端(当時69歳)が、12月12日にストックホルムのスウェーデン・アカデミーで行われた授賞記念講演において演説し ...

Amazonで川端 康成, エドワード.G・サイデンステッカ-の美しい日本の私 (講談社現代新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。川端 康成, エドワード.G・サイデンステッカ-作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また美しい日本の私 (講談社現代新書)もアマゾン配送商品なら通常配送 ...

川端は「日本の美と私」という題を「美しい日本の私」に変えた。翻訳者サイデンステッカーはJapan the Beautiful and Myself とそのまま訳す。 1968ノーベル賞受賞時のスピーチ。川端は「日本の美と私」という題を「美しい日本の私」に変えた。

この本には川端のおそらく草稿からおこした原文とサイデンステッカーの英訳がついている。 ※サイデンステッカーはアメリカの日本文学者。川端や谷崎の小説を英訳し海外にひろめた。 英語のほうの題は. japan. the beautiful. and myself

美しい日本の私―その序説 美しい日本の私―その序説の概要 ナビゲーションに移動検索に移動美しい日本の私―その序説Japan, the Beautiful, and Myself著者川端康成イラストカバー写真:浜谷浩発行日1969年3月16日発行元講談社現代新...

 · 1.基本情報(著者) 川端康成(刊行日) 1969/3/16(概要) 1968年、川端康成は日本人として初のノーベル文学賞を授与され、ストックホルムでの授賞式には紋つき袴の正装で出席、格調高い日本語でスピーチを行い、深い感銘を与えた。本書はその全文である。

本書は1968年に、川端康成が日本人初の受賞者となったノーベル文学賞のスピーチ「美しい日本の私」(サイデンステッカーによる英題は「Japan, the Beautiful, and Myself」)を含む、随筆集である。

川端康成の小説を読むときのような美しさがスピーチにも感じられました。 ... 「Japan the beautiful and myself "In the spring, cherry blossoms, in the summer the cuchoo. In autumn the moon, and in winter the snow clear, cold" "Winter moon, coming from the clouds to keep me company, Is the wind piercing, the snow cold?"

説家川端康成のスエーデンにおける記念講演「美しい日 本の私:Japan,the beautiful and myself」の中で枯 山水論が折り込まれている°その一節に「日本の庭園も また大きい自然を象徴するもので西洋の庭 …

"Japan, the Beautiful and Myself" (川端『美しい日本の私―その序説』ノーベル賞受賞講演)講談社現代新書、1969 "House of the Sleeping Beauties" (川端『 眠れる美女 』, 1969).

川端 康成 japan the beautiful and myself ⭐ LINK ✅ 川端 康成 japan the beautiful and myself

Read more about 川端 康成 japan the beautiful and myself.

8
9
10
11

Comments:
Guest
A dog is the only thing on this earth that loves you more than he loves himself.
Guest

Gentleness and kind persuasion win where force and bluster fail.

Guest
The right to do something does not mean that doing it is right.
Calendar
MoTuWeThFrStSu