川端 康成 越後 湯沢

川端 康成 越後 湯沢

川端 康成 越後 湯沢



越後湯沢 高半は川端康成の名作「雪国」執筆の舞台です。絶景に感動し、三年ほど逗留して生まれました。執筆に使われた「かすみの間」は当時のまま保存しております。

越後湯沢温泉は川端康成の小説「雪国」の舞台。江戸時代は三国街道の静かな宿場町だったが、上越新幹線開業にともない一大スキーリゾートとして発展。近年は外国人観光客も多く訪れる。定番のコシヒカリや地酒に加え「へぎそば」や「もち豚」もおすすめ。

温泉Ph9.6!高濃度水素イオンの「卵の湯」でお肌つるりん♪食事はお米の魚沼産コシヒカリに始まり無添加素材と有機野菜の厳選郷土料理。川端康成先生、小説「雪国」舞台の宿。[全客室WiFi完備] 宿泊のご予約はこちらから

「雪国館」という名のとおり、湯沢が舞台となった川端康成の小説「雪国」と、「雪国」湯沢の暮らしぶりや歴史を中心とした展示を行っております。小説を読む、映画や舞台を見る、といった以上に、心に深く迫ってくる日本画「雪国」。ぜひ一度当館を訪れ、そんな「雪国」の世界を感じて ...

川端康成は小説「雪国」を書き上げるために5度越後湯沢を訪れたという。第15位は「雪国」の舞台。大正4(1915)年湯沢にスキーが紹介され、昭和6(1931)年上越線が全線開通した。諏訪社の大杉の下には物語同様、平らな石がある。

湯沢の民俗資料館「雪国館」には小説「雪国」の世界観を再現した展示があります。 「駒子の部屋」 「雪国をモチーフにした日本画14点」「川端康成直筆の書」「川端康成の遺愛品」など見どころも沢山あるので、是非立ち寄りましょう。

# 湯沢フィシングパーク # カモシカ # 道の駅・田園プラザ川場 # 原田農園 # 南魚沼・魚野の里 # グルメ # 温泉 # 湯沢高原ロープウェイ # ぽんしゅ館 # 湯沢高原 # e4系 # 山の湯 # 川端康成 # 諏訪社 # 絶景スポット # ボブスレー # 新潟 # へぎそば # 関越自動車道 ...

川端 康成の小説「雪国」では、温泉湯沢の芸者駒子と小説家島村がいつかお互いに愛情を感じ近くの鎮守の森で語り合っています。 その諏訪神社にかつてあった杉神木根が、「雪国館」の入り口に設置され …

諏訪神社は、著者の川端康成が作品の構想を練った場所とも言われており、作中でヒロインの「駒子」と「島村」が大杉の前で語り合う場所も実際に存在します。 湯沢町の指定天然記念物となっている大杉の樹齢はなんと400年↙

新潟県 越後湯沢 雪国の宿 高半 100%天然の源泉を掛け流した温泉と、地産のこだわりの食材から作られる美味しい料理。絶景を眺めながら、癒しのひとときをどうぞ。

川端 康成 越後 湯沢 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 越後 湯沢

Read more about 川端 康成 越後 湯沢.

6
7
8

Comments:
Guest
It's not only quiet people who don't say much.
Guest

There is no happiness for people when it comes at the expense of other people.

Guest
Don't give someone a piece of your mind unless you're ready to live with what's left.
Calendar
MoTuWeThFrStSu