川端 康成 特徴

川端 康成 特徴

川端 康成 特徴



川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。

1968年、ノーベル文学賞受賞。

1968年、ノーベル文学賞受賞。

川端康成の代表作(4)「山の音(やまのおと)」 川端康成の傑作であり、 戦後の日本文学の最高峰に位するもの 、とまで称賛された代表作です。 主人公は、東京の会社の重役である六十代の男・尾形信吾。そして、舞台はその老夫婦が住む家。

川端康成の文体の特徴は、なんといってもその美しい『言葉』の運び。 高い芸術的観察力に裏付けられた言葉選びで、当時最先端とされていた欧州の文学の特徴を落とし込んだ新感覚派として知られていま …

 · 川端康成と三島由紀夫の哲学や作風の違い 川端康成の作品の多くはとてもすっきりしない終わり方が多いです雪国にしろ伊豆の踊り子も眠りの美女も古都のいずれを読んでもその先の続きはないの?と思ってしまうほど終わり方に読み手...

 · 川端康成の特徴 あなたの思う川端康成の作品の特徴を教えてください。 テーマがない。というのがよく言われている特徴 ...

伊豆の踊子:川端康成の揺れる視線 「伊豆の踊子」は川端康成の出世作で、事実上の処女作といってもよい。 多くの作家にとって、処女作にはその後の作家活動の要素となるもののほとんどが盛られているのと同じく、この作品にも、川端らしさといわ ...

新感覚派(しんかんかくは)は、戦前の日本文学の一流派。 1924年(大正13年)10月に創刊された同人誌『文藝時代』を母胎として登場した新進作家のグループ、文学思潮、文学形式を指す。 おもに、横光利一、川端康成、中河与一、片岡鉄兵、今東光、岸田國士、佐佐木茂索、十一谷義三郎 ...

川端康成は日本を代表する小説家の一人です。 特に対象から昭和前後にかけての日本文学を支えた人物であり、1968年にはノーベル文学賞を受賞しています。 国内だけでなく海外でも高く評価された作家で …

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 新感覚派の用語解説 - 大正末~昭和初頭の日本文学の一流派。菊池寛創刊の『文藝春秋』に育った新人の横光利一,川端康成,片岡鉄兵,中河与一ら 14名が 1924年『文芸時代』を創刊,評論家千葉亀雄が彼らグループを論じて「新感覚派の誕生」と評した ...

川端康成は、大学卒業後に作家の横光利一(よこみつ りいち)らと雑誌『文藝時代』を作り、新感覚派の作家として活躍しました。岡本かの子、三島由紀夫などの新人を発掘し、世に送り出した功績は大き …

川端 康成 特徴 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 特徴

Read more about 川端 康成 特徴.

6
7
8

Comments:
Guest
Truth has only to change hands a few times to become fiction.
Guest

Four be the things I am wiser to know: idleness, sorrow, a friend and a foe.

Guest
It's easy to tell when you've got a bargain...it doesn't fit.
Calendar
MoTuWeThFrStSu