川端 康成 文体

川端 康成 文体

川端 康成 文体



川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

 · 川端康成は日本初のノーベル文学賞作家。鋭い洞察と柔らかな文体で書かれた彼の作品は、今もなお、多くの作家に影響を与えています。時に切なく、時に官能的。そんな美しい文章をとことん味わえる、川端康成の10作品をご紹介します。

キーワード:川端康成,『雪国』,文体,地の文と台詞,他者の言葉 1.はじめに テクストの文体論的分析が、テクストを織りなすことばの総体を分析することを意味 するならば、それは語りの表現上の特徴と志向性を明らかにするのみならず、ことばが

川端康成 文体 > ・意外性をねらう 日本の近代文学作家の中でも著名な人物といえば「川端康成」その人ではないでしょうか。卓越した言葉選びと固定概念にとらわれない幅広い作風は、まさに巨匠の名が相応しい人物と言えるでしょう。この記事では川端 ...

 · 川端康成の『文章読本』からは彼の勉強熱心さが滲み出てきます。 ... が美しく、まさに日本が誇る芸術財産の1つだと思いますが、そんな彼でも他の作家の文体を勉強し、ときに真似てみて、自分の作品に取り入れようとする。 ...

川端康成で『まなみ』という名前の人が登場人物ででている本を探しています。 知り合いから教えてもらい読みたいのですが、調べても出てこないため教えていただきたいです。

川端康成 『川端康成全集第35巻 雑纂2』 新潮社、1983年2月。 isbn 978-4-10-643835-6。 川端康成 『みづうみ』(改版) 新潮文庫、1991年4月。 isbn 978-4101001180。 - 初版は1960年12月。 今村潤子 『川端康成研究』 審美社、1988年6月。 isbn 978-4788340565。

川端 康成 文体 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 文体

Read more about 川端 康成 文体.

10
11
12

Comments:
Guest
Marriage is like any other job--it's much easier if you like the boss.
Guest

An optimist is a person who sticks on the stamp before addressing the envelope.

Guest
Forget the troubles that passed away, but remember the blessings that come each day.
Calendar
MoTuWeThFrStSu