川端 康成 と 伊藤 初代

川端 康成 と 伊藤 初代

川端 康成 と 伊藤 初代



伊藤 初代(いとう はつよ、1906年(明治39年)9月16日 - 1951年(昭和26年)2月27日)は、川端康成の元婚約者。15歳の時に22歳の川端と婚約し、その1か月後に突然婚約破棄を告げた女性である 。その事件による失意が川端の生涯の転機となり、様々な作品に深い影響を与えたことで知られる 。

川端の永遠に満たされることのなかった青春の幼い愛は、清潔な少女への夢や、聖処女の面影への憧憬を残し、孤児の生い立ちの克服という命題と融合しながら独自の基盤をなして、川端文学の形成に寄与した 。

川端の永遠に満たされることのなかった青春の幼い愛は、清潔な少女への夢や、聖処女の面影への憧憬を残し、孤児の生い立ちの克服という命題と融合しながら独自の基盤をなして、川端文学の形成に寄与した 。

若き日の川端康成が愛した女性、伊藤初代。 この恋愛が、孤独な青年を真の小説家に変えた。 初公開の豊富な写真資料とゆかりの地の写真で辿る文学紀行。 すべては川端康成の伊藤初代宛ての未投函の手紙と往復書簡を発見したことから始まった! 川端文学を紐解きながら、二人の恋とその ...

対象商品: 川端康成と伊藤初代―初恋の真実を追って - 水原 園博 単行本 ¥2,860 残り1点(入荷予定あり) この商品は、Amazon.co.jpが販売および発送します。

[川端康成略年譜] [川端康成と伊藤初代の青春1] [川端康成と伊藤初代の青春2] [自伝的作品群の「ちよ物」] [江刺文化懇談会が文学碑を建立] [菊池一夫、小牧正英との縁]

巻頭時評(2014年回顧)川端康成の未投函書簡の意味するもの――「非常」事件の真相――森本穫川端康成に関心をもつ者にとって、2014年(平成26年)の最大事件は、7月8日から9日にかけてNHKと新聞各紙に公開された、康成の未投函書簡1通と、伊藤初代の書簡10通であった。

川端康成の長い生涯にずっと影を落とし続けた伊藤初代との若き日の失恋体験。婚約まで進んでいた二人の約束が初代本人によって反故にされたその裏の事情は、川端本人にさえも不可解のままだった――ここにこの著作は切り込んでいきます。

川端 康成 と 伊藤 初代 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 と 伊藤 初代

Read more about 川端 康成 と 伊藤 初代.

4
5
6

Comments:
Guest
It is never too soon to be kind, for we never know how soon it will be too late.
Guest

People with coughs don't go to the doctor-- They go to the concert.

Guest
Lost time is never found again.
Calendar
MoTuWeThFrStSu