島崎 藤村 椰子 のみ

島崎 藤村 椰子 のみ

島崎 藤村 椰子 のみ



「椰子の実」(やしのみ)は島崎藤村が明治時代に執筆した詩。のち、昭和時代に曲が付けられた。 1901年(明治34年)8月に刊行された詩集「落梅集」に収録されている 。 この詩は1898年(明治31年)の夏、1ヶ月半ほど伊良湖岬に滞在した柳田國男が浜に流れ着いた椰子の実の話を藤村に語り、藤村がその話を元に創作したものである 。

「椰子の実」  名も知らぬ遠き島より 流れ寄る椰子の実一つ  故郷(ふるさと)の岸を離れて 汝(なれ)はそも波に幾月 旧(もと)の木は生(お)いや茂れる 枝はなお影をやなせる  我もまた渚を枕 孤身(ひとりみ)の 浮寝の旅ぞ 実をとりて胸にあつれば 新たなり流離の憂  海の日の沈むを見れば 激(たぎ)り落つ異郷の涙 思いやる八重の汐々 いずれの日にか故国(くに)に帰らん

「椰子の実」  名も知らぬ遠き島より 流れ寄る椰子の実一つ  故郷(ふるさと)の岸を離れて 汝(なれ)はそも波に幾月 旧(もと)の木は生(お)いや茂れる 枝はなお影をやなせる  我もまた渚を枕 孤身(ひとりみ)の 浮寝の旅ぞ 実をとりて胸にあつれば 新たなり流離の憂  海の日の沈むを見れば 激(たぎ)り落つ異郷の涙 思いやる八重の汐々 いずれの日にか故国(くに)に帰らん

『椰子の実(やしのみ)』は、1936年に発表された日本の歌曲。作詞:島崎藤村、作曲:大中寅二。 歌詞の誕生については、柳田國男が愛知県の伊良湖岬 (いらごみさき)に滞在した際の体験が元になっている(写真:伊良湖岬と恋路ヶ浜)。

島崎藤村は、今から140年ほど前の明治時代のはじめに、長野県の宿場町(しゅくばまち)、馬籠(まごめ)に生まれました。『椰子の実』は藤村が29歳(さい)のときに発表した詩集『落梅集(らくばいしゅう)』に収められています。

 · 島崎藤村作詞 ・ 大中寅二作曲です。とても印象深く美しい曲です。 Touson Shimazaki has lyrics. Toraji Ohnaka was composed. The impression is very deep and the pretty tune.

16. 『春桜庵』というサイトの『春桜庵随筆』に、「島崎藤村詩碑(「椰子の実」)」 (『帝京 国文学』6号所載)という文章があって参考になります。 (お断り) 現在は見られないようです。(2011年4 …

島崎 藤村 椰子 のみ ⭐ LINK ✅ 島崎 藤村 椰子 のみ

Read more about 島崎 藤村 椰子 のみ.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
The more you say, the less people remember.
Guest

The one thing worse than a quitter is the person who is afraid to begin.

Guest
All the world's a stage, but most of us are stagehands.
Calendar
MoTuWeThFrStSu