小 式 部 内侍 紫式部

小 式 部 内侍 紫式部

小 式 部 内侍 紫式部



 · 小式部内侍(こしきぶ の ないし、長保元年(999年)頃 - 万寿2年(1025年)11月)は平安時代の女流歌人。 掌侍。 女房三十六歌仙の一人。父は橘道貞、母は和泉式部。 母の和泉式部と共に一条天皇の中宮・彰子に出仕した。 そのため、母式部と区別するために「小式部」という女房名で呼ば ...

小式部内侍(こしきぶのないし)は平安時代中期の女流歌人です。母・和泉式部と同じく歌才に優れ、後年「女房三十六歌仙」の一人に数えられました。彼女が詠じた和歌はのちに百人一首にも採用されて …

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 小式部内侍の用語解説 - [生]?[没]万寿2(1025).11.平安時代中期の女流歌人。父は陸奥守道貞,母は和泉式部。上東門院彰子に仕えた。藤原公成の子を生んでのち,まもなく母に先立って病死。『後拾遺集』以下の勅撰集に入集。

ご来訪ありがとうございます。拓麻呂です。恋多き女性として、あるいは和歌の達人として名を残した『和泉式部』。同時代の女性として、紫式部と清少納言と言う双璧がいますが、彼女たちと和泉式部はどのような関係だったのでしょうか?平安時代中期に宮廷出仕

小式部内侍って、歌がうまくて、気の強いだけの女の子ではなかった、ということ気がつきました。もっと、ありそうです。小式部って、なかなか色っぼいのです。 母親の和泉式部も「恋多き人」として有名ですが、その愛の表現法が違うのです。

小倉百人一首の歌人の短歌・和歌集では、小倉百人一首の登場人物である小式部内侍の歌「大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立」の意味を、現代語訳として解説・紹介しています。

和泉式部というと、冷泉天皇の皇子、為尊親王や敦道親王を恋人にし、多くの情熱的な恋の歌を詠んだことで知られる平安中期の女流歌人です。彼女には、最初の夫、橘道貞との間に娘が一人ありました。そしてその娘も、母に劣らず恋人も多く、その事績は説話文学にもなっています。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 和泉式部の用語解説 - [生]貞元1(976)頃[没]長元9(1036)頃平安時代中期の女流歌人。父は大江雅致 (まさむね) ,母は平保衡 (やすひら) の娘。父母ともに縁のあった冷泉天皇皇后昌子 (しょうし) のもとに早くから出仕したらしい。

万寿2年(1025年)、娘の小式部内侍が死去した折にはまだ生存していたが晩年の動静は不明。娘を亡くした愛傷歌は胸を打つものがある。「暗きより 暗き道にぞ 入りぬべき 遙かに照らせ 山の端の月」は、性空上人への結縁歌であり、式部の勅撰集(拾遺集 ...

小 式 部 内侍 紫式部 ⭐ LINK ✅ 小 式 部 内侍 紫式部

Read more about 小 式 部 内侍 紫式部.

2
3
4

Comments:
Guest
We do not inherit the Earth from our ancestors--we borrow it from our children.
Guest

Giant oak trees started out as little nuts that held their ground.

Guest
Another reason you can't take it with you--it goes before you do.
Calendar
MoTuWeThFrStSu